【Photoshop】『ゆがみ』フィルターで理想的な顔の形にする方法

おはようございます!

本日は、人物の写真を加工する際に便利なPhotoshopの『ゆがみ』フィルターを使用して、顔の形を変形させ、理想的な顔の形にする方法を紹介します。

太っている人や痩せすぎている人の写真でも、『ゆがみ』フィルターを使うことで違和感なく顔の形を変形させることができます。

今回は以下の男性の写真を使用して、顔の形を少しスリムに変形させたいと思います。

photoshop_filter_liquify

それでは手順を紹介します。

スポンサーリンク

①ガイドレイヤーを作成

変形する際に使用するガイドを作成していきます。ガイドを作成することで、ガイドに沿って変形することができるため非常に便利です。

こんな感じで赤線でガイドを作成しました。

photoshop_filter_liquify_2

今回はガイドレイヤーと別に加工用というレイヤー(画像を複製したもの)も作成しました。
※今回は加工用というレイヤーを変形していきます。

photoshop_filter_liquify_3

②『ゆがみ』フィルターを使用する

加工用レイヤーを選択した状態で、メニューから『フィルター』>『ゆがみ』を選択

『ゆがみ』ダイアログが表示されます。

左のツールメニューから『前方ワープ』ツールを選択します。

photoshop_filter_liquify_4

次に、『詳細モード』にチェックを入れ、『前方ワープ』ツールの設定をしていきます。

今回は以下のように設定しました。

『ブラシサイズ:100』

『ブラシの密度:70』

『筆圧:50』

『使用するレイヤー:ガイド』、『モード:前面』、『不透明度:50』
※先ほど作成したガイドレイヤーを表示させます。

photoshop_filter_liquify_5

設定が終わったら、『前方ワープ』ツールを使って理想的な顔に変形していきます。変形方法は簡単で、ガイドに沿って少しずつ内側にドラッグしていくだけです。

photoshop_filter_liquify_6

左下に拡大・縮小を行えるボタンとテキストボックスがあるので、操作しやすいサイズに変更して作業してください。また、ブラシサイズなども画像の大きさに応じて調整してください。

ガイドに沿って変形が完了しました。

こんな感じです!

photoshop_filter_liquify_7

首や背景部分にゆがみが出て違和感がある場合は、その部分の修正も行ってください。

最後にガイドのレイヤーを非表示にしたら完成です。

photoshop_filter_liquify_8

加工前と比べてみてください。

加工前

photoshop_filter_liquify

顔がシュッとして理想の顔の形に近づきましたね♪

理想の顔の法則については以前の記事を参考にしてください!
人物の顔が美しく見える法則

以上がPhotoshopの『ゆがみ』フィルターで理想的な顔の形に変形する方法になります。人物の顔を加工する際は非常に便利なツールなので是非覚えておいてください!!

スポンサーリンク
【Photoshop】『ゆがみ』フィルターで理想的な顔の形にする方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!