【Photoshop】カスタムシェイプツールの基本的な使い方

本日は、『Photoshop』の『カスタムシェイプ』ツールの基本的な使い方を紹介します。『カスタムシェイプ』ツールを使うことで、様々な図形や記号を簡単に描くことができます。特に、『Photoshop』初心者の方におすすめです。

それでは使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

①『カスタムシェイプ』ツールを選択

ツールパネルから『カスタムシェイプ』ツールを選択します。

photoshop_custom_shape

②描きたい図形や記号を選択

任意の『シェイプ』、『塗り』、『ストローク』を選択します。
※ここでは『シェイプ』に『ハート』、『塗り』に『RGB レッド』、『線』に『なし』を選択します。

photoshop_custom_shape_2

オプションバー右の『シェイプピッカー』の中から、任意の図形や記号を選択することができます。

photoshop_custom_shape_5

『シェイプピッカー』右上の『設定』アイコンをクリックすることで、様々な種類の図形や記号を選択することができるようになります。

③選択した図形や記号を描画

画像上でドラッグすることで、選択した図形や記号を描くことができます。このときに、『Shift + ドラッグ』することで元の形を維持したシェイプを作成することができます。

photoshop_custom_shape_3

④画像の編集

『シェイプレイヤー』のパスはベクトルマスクになっているため、描画後でも編集することができます。

編集方法

photoshop_custom_shape_4

①『パス』パネルでシェイプレイヤーを選択

②『ペン』ツールを使って、『アンカーポイント』や『ハンドル』を調整する

以上が、『カスタムシェイプ』ツールの基本的な使い方になります。初心者にとっては非常に便利なツールになると思うので是非使い方を覚えましょう!

スポンサーリンク
【Photoshop】カスタムシェイプツールの基本的な使い方
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!