【最新版】モバイルSuicaに登録してApple WatchでSuicaを使う方法

おはようございます♪

先日、筆者がApple Watchを購入したことについて記事にさせていただきました。

詳しくはこちら→Apple Watchの初期設定とはじめに覚えるべき基本操作

今回もApple Watchつながりで、記事を書きたいと思います。

今回のテーマは、モバイルSuicaに登録してApple WatchでSuicaを使う方法です。

Apple Watchを手に入れたら、僕がまず試してみたかった機能です♪

現在僕が使っているiPhoneはiPhone SEなので、Apple Payが使えませんでした。しかし、今回Apple Watchを手に入れたことで、ついにApple Payデビューです。特にSuicaは、登録しておけば利用できる場所が多く、とても便利です。最近僕は、コンビニでの支払いは全てApple PayのSuicaを利用しています。財布をカバンやポケットからいちいち出さずに、とてもクールに支払うことができます♪

さて、前置きが長くなりましたが、今回は僕と同じようにApple Watchを購入して、Suicaを利用したい人向けに、モバイルSuicaに登録して、Apple WatchでSuicaを利用するまでの方法を詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

Apple WatchでSuicaを利用するまでの手順

SuicaをApple Watchに追加する方法は2つあります。

  1. プラスチックカードからApple Watchに追加する(※iPhone 7以降のiPhoneが必要)
  2. SuicaアプリからApple Watchに追加する(※iPhone 5以降のiPhoneであれば利用可能)

既にプラスチックカードのSuicaをお持ちの方は、プラスチックカードの情報を基にApple Watchに追加することができます。

しかし、この方法でSuicaを追加した場合、使用したプラスチックカードが使えなくなります。また、iPhone 7以降の最新のiPhoneをお持ちでないと利用することができません。

そのため、Suicaアプリをダウンロードして、アプリ内に新規のSuicaカードを作成し、それをApple Watchに利用する方法がオススメです。

今回は、2番目のSuicaアプリ(モバイルSuica)からApple Watchに追加していく手順を紹介していきます。

①Suicaアプリをダウンロード

まずはじめに、あなたのiPhoneでSuicaアプリをダウンロードします。

以下のリンクからSuicaアプリをダウンロードすることができます。

Suicaアプリをダウンロードする

②モバイルSuicaに登録(Apple Payに追加)

Suicaアプリをダウンロードしたら、アプリを開いてください。

ここからは、実際の登録画面に従って説明していきます。

以下のような画面が表示されたら、『Suica発行』を選択します。

先ほど少し説明した、アプリ内に新規のSuicaカードを作成していきます。

Suica(無記名)かMy Suica(記名式)のどちらかを選択します。

Suica(無記名)を選択した場合は、会員登録を行わずSuicaの発行をすることができます。しかし、専用窓口での会員サポートは受けられません。

今回は、My Suica(記名式)での登録手順を紹介していきます。

My Suica(記名式)』を選択します。

モバイルSuicaに登録していきます。

モバイルSuica会員規約とモバイルSuicaによる鉄道利用に関する特約を確認して、『会員登録』を選択します。

※モバイルSuicaは通常1,030円(税込)の年会費がかかります。しかし、iPhone版のモバイルSuicaであれば完全無料で利用することができます。

メールアドレス、Suicaパスワードやクレジットカード登録などの必要情報を入力して、『次へ』をクリックします。

モバイルSuicaの初回登録には、最低1,000円の初回チャージが必要です。

クレジットカードかApple Payのどちらかを選択します。

ここで注意が必要なのが、あなたがApple Payに登録しているクレジットカードがVISAカードである場合利用できません。VISAカードでのApple Payの利用には制限があり、アプリ内、Webサイト内の支払いには対応していません。

あなたがApple Payに登録しているクレジットカードがJCBやMasterCardであれば、『Apple Payを設定』を選択してください。

VISAカードであれば、クレジットカードでのチャージを選択してください。

Apple Pay(Wallet)に今回作成したSuicaを追加していきます。

内容を確認して問題なければ、『次へ』をクリックします。

利用条件を一通り確認して、『同意する』をクリックします。

Suicaがエクスプレスカードに自動で設定されます。

最後に『完了』をクリックすれば、Apple WatchへのSuicaが追加されます。

お疲れ様でした!!

エクスプレスカードとは

通常、Apple WatchでApple Pay(Wallet)を使用する場合、サイドボタンを2回押して(Walletを起動して)、使用するカードを選択した後にリーダーにかざす必要がある。しかし、エクスプレスカードに設定してあるカードの場合、この作業をスキップして、対応するリーダーにかざすだけで決済をすることができる。

③Apple WatchでSuicaを利用する

駅の改札やコンビニで使う

Suicaをエクスプレスカードに設定している場合は、改札やレジのリーダーにApple Watchをかざすだけです。※コンビニでは店員に『Suicaで』と一言かけてください。

僕は、Apple Watchを手に入れてからはずっとSuicaでの支払いです。とても便利です♪

チャージする

Suicaをチャージ(入金)する方法は、2つあります。

  1. Apple Watchからチャージする
  2. Suicaアプリからチャージする

先ほども少し触れましたが、もしあなたがJCBやMasterCardをお持ちであれば、Apple Watchだけの使用でSuicaをチャージすることができます。

①Apple Watchからチャージする

Apple WatchのWalletアプリを開いて、Suicaを選択

次に、カードオプションの『チャージ』を選択します。

あとは、チャージする金額を選択して、サイドボタンを2回押して支払い完了です。

VISAカードでは以下の画面が表示されApple Watchからのチャージは行えません。

その場合は、Suicaアプリからチャージします。

②Suicaアプリからチャージする

iPhoneでSuicaアプリを開きます。

入金(チャージ)』を選択します。

チャージする金額を選択します。ここでは、試しに1,000円をチャージしてみます。

次に、支払い方法を選択します。左側の登録済みのクレジットカードを選択します。

最後に内容を確認して、問題なければ『入金(チャージ)』を選択して完了です。

もともと1,030円だった残額が、2,030円になり、1,000円分新しくチャージ(入金)されていることがわかります。

簡単ですね♪

Apple Watchだけでチャージできた方が便利ですが、Suicaアプリを使ってのチャージもとても簡単で短時間でできるので全く問題ありません。

それでもApple Watchだけでチャージを完結したいという方は、JCBもしくはMasterCardの新しいクレジットカードを作成してください。

そこで僕がオススメしたいクレジットカードが、楽天カード(JCBかMasterCard)になります。

なぜかというと、SuicaにApple Payを利用してチャージする場合、ほとんどのクレジットカードではポイント還元が付与対象外となります。しかし、楽天カードの場合、楽天スーパーポイントとして1%還元と付与対象になります。

楽天カードでポイントゲット
申込はこちらへ

【おまけ】Suicaポイントクラブ

JR東日本ではSuicaポイントクラブというサービスを行なっています。

Suicaポイントクラブは、以下のマークが記載されたお店や駅の自販機などでSuicaを使って支払いをした場合、Suicaポイントが貯まるというサービスになります。

年会費は無料で、モバイルSuicaと紐付けることも可能なので、興味のある方は登録してみてもいいでしょう。

Suicaポイントクラブ公式ページ

さて、いかがだったでしょうか。

ここまで長々と紹介させていただきました。

Apple WatchにSuicaを追加することで、あなたの生活が便利になることは間違いないです。

あなたのApple WatchにSuicaを入れて楽しんでください♪

スポンサーリンク
【最新版】モバイルSuicaに登録してApple WatchでSuicaを使う方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!