たった10分で下取り価格が上がる。iPhone のパーツ別お掃除術

おはようございます♪

今回は僕が年末年始に行ったMac のお掃除方法に引き続き、iPhone のパーツ別のお掃除方法を紹介します。

iPhone のお掃除と同時に、Mac の埃や手垢などの汚れを綺麗にしたい場合は、以下の記事を参考にしてください。
 参考 あなたのMac は汚れでいっぱい!埃や手垢を一掃するパーツ別お掃除術

iPhone はMac 以上に使用頻度が高いデバイスなので、その分、皮脂やホコリで汚れています。日頃のメンテナンスに、またはiPhone を下取りに出す前に綺麗な状態にするために役立つ、部分別のお掃除方法を紹介していきます。

iPhone の部分別お掃除方法

まずはiPhone の掃除がしやすくなるように、iPhone の電源を切っておきましょう。スリープボタンを長押しすることでiPhone の電源を切ることができます。

① iPhone 表面

iPhone の表面の掃除は、ディスプレイとホームボタン、レシーバマイクになります。

iPhone 表面掃除で用意するもの

iPhone 表面掃除手順

① 乾いた布でディスプレイを拭く

iPhone のディスプレイは対指紋性撥油コーティングがされています。そのため、乾いた布でディスプレイを拭くだけで大抵の汚れは簡単に落とすことができます。特にマイクロファイバー素材の布がオススメです。

また、液晶用クリーニングペーパーなどをお持ちの場合は、指紋を残さず綺麗に拭き取ることができます。

② 綿棒でホームボタンを掃除

まずはじめに、綿棒で溝に沿って汚れを落とし、最後に乾いた布で拭き取ると綺麗に仕上がります。

③ ブラシでレシーバマイクのホコリを掃き出す

レシーバマイクは意外にホコリなどがたまっている部分になります。まず、先端がナイロン製のブラシ(歯ブラシでもOK)を使い中のホコリを掃き出し、その後綿棒や乾いた布で汚れを拭き取りましょう。

② iPhone 側面

iPhone 側面はライトニングコネクタやイヤホンジャックなどがあり最も繊細な部分です。注意して掃除しましょう。

iPhone 側面掃除で用意するもの

iPhone 側面掃除手順

① ハンドブロアーでコネクタ部分のホコリを出す

ハンドブロアーを使って、ライトニングコネクタとイヤホンジャックにたまったホコリを吹き出します。

iPhone を充電する時に接触が悪いなどの問題は、コネクタ部分にホコリが溜まっていることが原因である可能性があります。
※ ハンドブロアーの風がスピーカーに当たらないように掃除してください。詳しくは後述します。

② スピーカーのホコリをブラシで掃き出す

先端がナイロン製のブラシ(歯ブラシでもOK)を使って、スピーカー内のホコリを優しく掃き出しましょう。
※ スピーカー部分の掃除では、ハンドブロアーは使わないでください。ハンドブロアーを使用した場合、スピーカー内部にホコリが入り込んでしまいます。

③ 綿棒でガラスパネルの間の汚れを掃除

綿棒を使って、ガラスパネルの間の汚れを掃除します。この時に、綿棒の先端に少し水を含ませると汚れが落ちやすくなります。

液晶保護シートをディスプレイ貼っている場合は、綿棒に力を加えすぎると剥がれてしまうことがあるので気をつけてください。

④ 綿棒で各ボタンを掃除

綿棒を使って、スリープボタンや音量調整ボタンなどの各ボタンを掃除しましょう。

③ iPhone 裏面

iPhone をケースに入れている場合は汚れはつきにくいですが、入れていない場合はかなり汚れやすい部分です。

iPhone 裏面掃除で用意するもの

iPhone 裏面掃除手順

① 乾いた布で拭き掃除

ディスプレイと同様に、乾いた布で拭くだけで大抵の汚れは落とすことができます。

長年経ったこびりついた汚れは、エタノール系の液体を布に含ませ拭き掃除してください。

② 背面カメラの拭き掃除

背面カメラを掃除する際は、乾いた布で優しく拭いてください。

背面カメラのガラス部分には特殊なコーティングがされているため、コーティングを剥がしてしまう可能性のあるアルコール系の液体は使用しないでください。

以上が、iPhone のパーツ別のお掃除手順になります。

いかがだったでしょうか?あなたのiPhone は綺麗になりましたか?

今回はiPhone の部分別のお掃除方法を紹介しましたが、iPad の場合も基本的には同じなので是非参考にしてください。

2週間に1回など定期的に今回紹介した手順でiPhoneの掃除をすることで、いつまでも綺麗で清潔な状態のiPhone を使い続けることができます。

実際、iPhone 一つを掃除するのに10分もかかりません。是非この機会にあなたのiPhone を綺麗にしてあげてください。

また、ソフマップやじゃんぱら等の店舗で下取りに出す際は、iPhone を綺麗にしてからのほうが下取り価格が高くなる可能性が上がります。iPhone の下取りを検討している場合は、iPhone を一度綺麗にしてから下取りに出すことをオススメします。

Apple 公式のiPhone下取りキャンペーンを利用してみた僕の体験記事は、以下で詳しく紹介しています。
 参考 Apple公式 iPhone下取りキャンペーンを使ってみた!

iPhone お掃除便利グッズ

・ハンドブロアー

・マイクロファイバークロス

・無水エタノール

・キムワイプ