Apple Watch Series 4 とSeries 2 を徹底比較。買い替え前に知っておきたいこと

おはようございます、Zヤマ(@WebStyle_Zyama)です。

僕が初めてApple Watch を手に入れてから、早いもので既に1年以上経ちました。

現在、Apple Watch Series 2 からSeries 4 への買い替えをすごく悩んでいます。

僕の場合は、Series 3 が発売しそうな時期にSeries 2 を購入したため、まだ1年しか経っていないのに2つも前のシリーズを持っていることになります。2つも前のモデルでは、最新モデルと比較して機能面でかなりの違いがありそうですね。

そこで今回、僕が持っているApple Watch Series 2 と最新モデルのSeries 4 では、機能面でどのような違いがあるのかを比較してみたいと思います。それと、Series 2 を下取りに出してSeries 4 に買い替える場合に、大体いくらくらいかかるのか等もシュミレーションしたいと思います。

現時点でApple Watch Series 2 もしくは、Series 1 を持っている方は、そろそろ最新モデルへの買い替えを考えていた頃ではないですか?

そのような方にはとてもタメになる内容だと思うので、是非参考にしてみてください。

Series 4 はここがパワーアップ!Series 2 には無い4つの機能

① Apple Watch の心臓部分がパワーアップ。処理スピードが最大2倍高速に。


出典:Apple Watch Series 4 – デザイン – Apple(日本)

Apple Watch にはApple S シリーズと呼ばれるチップが使われています。今回のSeries 4 では、このチップが大幅にアップグレードされたApple S4 チップと呼ばれるものが使われています。

Apple S4 チップでは、ついに64 bit に対応しました。これにより、Series 3 と比較しても最大2倍のパフォーマンス(動作&処理速度など)が向上したと言えるでしょう。

② ディスプレイが大きく&画面端のタッチも可能に


出典:Apple Watch Series 4 – デザイン – Apple(日本)

Apple Watch Series 4 では、40mm と 44mm の2種類のケースをラインナップしています。以前のモデルでは、38mm と 42mm の2種類だったため、それぞれ2mmずつサイズアップされました。

さらに、ケースだけが大きくなった訳ではなく、ディスプレイ表示領域を角丸にすることで表示領域が最大化されました。

Series & サイズ 表示領域

Series 4 & 44mm ケース

977m㎡
Series 4 & 40mm ケース 759m㎡
Series 2/3 & 42mm ケース 740m㎡
Series 2/3 & 38mm ケース  563m㎡

注目すべきは、Series 4 & 40mmケースとSeries 2/3 & 42mm ケースの表示領域の違いです。ケースサイズでは、Series 2/3 & 42mm ケースの方が2mm大きいのに、表示領域ではSeries 4 & 40mmケースの方が大きいことに気づくでしょう。

このように、Series 4 では表示領域が大幅にグレードアップしています。これにより、ディスプレイの端をタッチしたとしても、感知しやすくなっています。

③ より便利な文字盤に

ディスプレイ表示領域の拡大に伴って刷新されたのが、Series 4 だけに用意された新しい文字盤です。

『インフォグラフ』タイプの文字盤では、最大8つまでのコンプリケーションを表示することが可能になりました。これにより、多くの情報をより簡単に確認&アクセスできるようになりました。

例えばこの文字盤では、以下の8つのコンプリケーションを一目で確認することができます。


出典:Apple Watch Series 4 – デザイン – Apple(日本)

  1. 空気質指標
  2. UV指数
  3. 心拍数
  4. アクティビティ
  5. ミュージック
  6. ワークアウト
  7. 呼吸
  8. 天気

④ ヘルスケア面が大幅アップグレード

Apple Watch はシリーズアップするたびに、ヘルスケア面のバージョンアップが注目されてきましたが、今回のApple Watch Series 4 でもヘルスケア面が大幅にパワーアップしました。

パワーアップした機能は主に2つ。

  1. ECG(心電図)機能が追加
  2. 転倒検知機能が追加

従来のApple Watch では、心拍センサにより定期的に心拍数を測定&確認することができました。新型のApple Watch Series 4 では、この機能に加え、心電図を測定&確認するための機能が加わりました。これにより、これまで以上に心臓の異変を察知することができるようになります。Apple Watch の心拍数アプリにより心臓の異変に気づき、命が救われたという報告がこれまでに数多くありますが、この心電図アプリがリリースされたら、Apple Watch が人の命を救うという機会がこれまで以上に増えていきそうですね。

心電図機能を使うためのアプリはまだリリースされていませんが、将来的にはかなり期待のできる機能です。

そしてもう一つの新機能が、転倒検知機能です。これは、身につけているユーザーが激しく転倒した際に、Apple Watch が緊急連絡先に電話をかけるための画面を自動で表示してくれるという機能です。さらに、このアラート画面が表示されてからユーザーが60秒間反応しなかった場合は、Apple Watch が緊急連絡先に自動発信してくれます。


出典:Apple Watch Series 4 – デザイン – Apple(日本)

万が一の事故の際に、Apple Watch があなたの代わりに助けを呼んでくれるという心強い機能です。

さて、上記に挙げた4つがApple Watch Series 4 から加わった新しい機能です。Series 3 の時とは打って変わり、大幅なアップグレードが行われていることがわかると思います。

今買い替えるといくらかかる?公式下取りとメルカリで売った場合の2パターンでシュミレート

Apple Watch Series 4 の新機能を知ることで、Series 4 に買い替えたいと思いった人も多いのでは?

ここでは、試しに僕が現在使っているApple Watch Series 2 Nike+ を下取りに出した場合、Series 4 をいくらで購入することができるのかシュミレートしていきたいと思います。

僕のように古いApple Watch を売って、新しいApple Watch を購入したいという方はぜひ参考にしてください。

Apple 公式の下取りを利用した場合

まずは以下のサイトで、現在使っているApple Watch の下取り価格を調べました。

Apple GiveBackの下取りプログラム

ここで問題が。。。

以下フォームに、Apple Watch のモデル番号を入れて検索するだけなのに、何故か僕のApple Watch はエラーで検索されず、先に進めませんでした。

もしかしたら、過去に不具合でApple Watch を新しいものと交換したのが原因かもしれません。
参考 Apple Watchが壊れたらまず試す2つのコトと修理サービスを試した結果

残念ながらApple 公式下取りの詳しい金額はわかりませんでした。しかし、Apple Watch の公式下取り価格の最大が18,000円と記載されているので、この金額を参考にすると僕のApple Watch は高くて1万円前後だと思われます。

メルカリで売って、新しいモデルを購入する場合

次に、メルカリでApple Watch の買取価格を調べてみます。

メルカリ – Apple Watch Series2 Nike+ 検索結果

最近の取引に限定してみてみると、だいたい中古品で23,000円程度なら買い手がついています。やはり少し手間がかかる分、公式よりもメルカリの方が高く売れていますね。

メルカリの場合は、販売手数料と送料が引かれるので、手元に残るのはだいたい2万円としておきます。それでも、公式の下取り価格の約2倍でApple Watch Series 2 を売ることができます。

今回は、買取価格が高くついたメルカリの方の売価を採用して、Apple Watch Series 4 を購入する場合のシュミレートをしていきます。
※ Apple Watch Series 4 の最低価格をもとに計算していきます。

Apple Watch Series 4 GPS モデルの場合

  • Apple Watch Series 4 GPS モデル:45,800円(税別)
  • メルカリでの利益:20,000円

45,800 – 20,000 = 25,800円(税別)

Apple Watch Series 4 GPS + Cellular モデルの場合

  • Apple Watch Series 4 GPS + Cellular モデル:56,800円(税別)
  • メルカリでの利益:20,000円

56,800 – 20,000 = 36,800円(税別)

例えば、僕は常にiPhone と一緒に持ち運ぶため、GPS モデルの購入を考えています。その場合は、税込で約28,000円でApple Watch Series 4 を購入することができます。

まとめ

今回、Apple Watch Series 4 の新機能を調べてみて、Series2 → Series 3 のバージョンアップ時より、Series 3 → Series 4 へのバージョンアップの方が大幅にパワーアップしているなと感じました。それと同時に買い替えるタイミングとしては、今だなと思いました。

僕は、メルカリで古いApple Watch を売って、Series 4 への買い替えを決めました。

僕のようにApple Watch の買い替えを考えていた方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

余談ですが、僕は使わなくなったiPhone などを売る際によくメルカリを利用しています。例えば、画面などが割れてしまった、水没させてしまった等でお店では買い取ってくれない物でもメルカリでは売れてしまうこともしばしば。

今までメルカリを使ってこなかった人でも、使ってみればこんなに簡単なんだと思います。ぜひこの機会に使って欲しいサービスです。

メルカリに登録する