Apple Watchが壊れたらまず試す2つのコトと修理サービスを試した結果

おはようございます♪

先日、僕のApple Watch が突然壊れました。

そこでApple の修理サービスを利用して、修理してもらいました。

僕のようにApple Watch が壊れてしまったという方のために、故障からApple Watch の交換品が届くまでを参考までに記事にしておきます。

スポンサーリンク

Apple Watch が突然壊れた!症状は?

自分でいうのもなんですが、僕は物持ちがいいタイプでApple Watch に関してもとても大切に使っていました。目立つ外傷もなく、水没させたこともありません。

Apple Watchの故障はいきなりきました。

ある夜Apple Watch を外し眠りにつきました。次の朝、いつものようにApple Watch を手首につけ画面を見ると電源が入っていませんでした。

充電が切れたのかと思い、充電するも反応せず。

強制再起動を試すがうんともすんともいいませんでした。

完全に壊れました。

Apple Watch が壊れたらまず試すべき2つのこと

僕がApple Store 直営店を訪れ直接聞いた話によると、Apple Watch が壊れたら下記の2つのことをまず試して欲しいそうです。

① 30分程度充電する

Apple Watch と充電ケーブルが正しく接続されていないため、正しく充電できたいなかったとおいうケースが結構あるみたいです。

そのため、充電ケーブルの電源、USB コード等を一度抜き差ししてみて、再度充電を試してみてください。

また、充電ケーブルが故障しているという可能性もあるため、家族や友人がApple Watch の充電ケーブルを持っているという場合は、別の充電ケーブルで充電してみるのもいい方法です。

Apple Watch が正しく充電されていれば、以下のように表示されます。

僕の場合は、充電ケーブルに接続しても画面に何も表示されず、真っ暗のままでした。

② 強制再起動をする

充電しても問題が解決されないようであれば、次に試すべきは強制再起動です。

Apple Watch の強制再起動の方法

  1. サイドボタンと Digital Crown を両方とも 10 秒以上押し続ける
  2. Apple ロゴが表示されたら両方のボタンを放す

充電する・強制再起動のどちらとも試したが問題が解決されない場合は、ユーザー側でもうできることはありません。

諦めて、Apple の修理サービスを利用しましょう。

Apple の修理サービスを利用する

修理サービスを利用する前に以下のリンクから自身のApple Watch の保証期間が切れていないか確認する必要があります。保証期間が切れている場合、初期不良という場合を除き2〜3 万円くらいの修理費用がかかります。

保証状況とサービス期間を確認する

保証期間の確認が終わったら修理サービスの申し込みにうつります。

修理サービスには、配送修理(宅配業者に集荷してもらいリペアセンターに送る方法)と持ち込み修理(Apple Store の直営店に直接デバイスを持ち込みリペアセンターに送ってもらう方法)の2つの修理方法があります。

僕の場合は、後者の持ち込み修理で修理してもらいました。近くにApple Store がある場合は、持ち込み修理の方が安心かもしれません。

ただし、持ち込み修理する場合は注意が必要です。僕が持ち込みした時期(ゴールデンウィーク)が悪かったというのもありますが、かなり待たされます。そのため、持ち込み修理する場合は、事前にネットで修理予約をしておくことをオススメします。

それと、今回のようなApple Watch 本体についての修理の場合は、バンドは返却されるので事前にApple Watch のバンドは外し、本体だけ持って行ってもいいです。Apple Watch を預けた後、バンドだけでは荷物になるので。

修理予約と配送修理の手配は以下のリンクから行えます。

修理サービスを申し込む

無事にApple Watch の交換品が届く 

さて、僕がApple Store の直営店で申し込んだのが4/28 です。

そして交換品が届いたのが、5/2 の午前中です。

申し込みから、たったの4日で交換品が届きました。さすがApple、対応が早いですね。公式ページでは、申し込みからだいたい5営業日で交換品が届くと記載されています。

 実際に届いたApple Watch の交換品がこちら

内容物

  1. Apple Watch 本体(交換品)
  2. 冊子

Apple Watch の本体だけなのでかなりコンパクトな箱で送られてきます。それと、冊子が同梱されています。

冊子には、以下のような内容が記載されています。

  • 診断テストの結果、交換が必要
  • 保証対象の場合は、交換費用がかからない
  • シリアル番号は、交換前と異なる
  • Apple Watch の交換機には、元のApple Watch のお買い上げ時からの残りの保証期間、または交換機の日付から90日間の保証のうち、どちらか長い方が適用される

なるほど、完全に新しいApple Watch になり、保証期間の定義が少し変更されるということですね。

とりあえず僕のApple Watch は瀕死の状態から、新しいApple Watch に生まれ変わることができました。

僕のように、Apple Watch が突然壊れた!という方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!