SNSに自動投稿するための設定

本日は、とても多機能で役に立つ『Jetpack by WordPress.com』というプラグインの『パブリサイズ共有』の機能を使ってSNSに自動投稿するための設定をしていきたいと思います。

『Jetpack by WordPress.com』と『パブリサイズ共有』の使用をするためには以下の設定が事前に必要になるので、事前にご用意ください。

・『WordPress.com』のアカウント作成
※『Akismet』を使用している場合、既にアカウントを作成しているため必要ありません

・『Facebook』アカウント作成、『Facebookページ』作成

・『Twitter』アカウント作成

上記の設定が完了したら、『Jetpack by WordPress.com』をインストールして設定していきます。

スポンサーリンク

①『Jetpack by WordPress.com』をインストール

※『プラグインの管理』を参考にしてインストールして有効化してください

有効化が完了すると以下の画面が表示されます。

『WordPress.comと連携』をクリック
jetpack

『Jetpackの認証』画面が表示されます。

jetpack_2

『WordPress.comユーザー名』と『パスワード』を記入して、『Jetpackの認証』をクリック
※新規でアカウントを作成する場合は『アカウントが必要ですか?』をクリック

②パブリサイズ共有の設定

jetpack_3

有効化と『Jetpackの認証』が完了すると、管理画面左メニューリストに『Jetpack』が表示されます。

それでは、『パブリサイズ共有』設定を行っていきます。
『設定』を選択して、『共有』をクリック

『共有設定』画面が表示されます。
jetpack_4

①『Facebook』の設定

『Facebook』アイコン横の『連携』ボタンをクリック

共有先を選択する画面が表示される。
※『WordPress.comがFacebookページの管理を求めています』が表示されたら『OK』をクリック

jetpack_5

個人アカウントではなく『Facebookページでパブリサイズ共有』にチェックを入れて、『OK』をクリック

jetpack_6

『Facebook』との連携が完了しました。

②『Twitter』の設定

jetpack_7

『Twitter』アイコン横の『連携』ボタンをクリック

Twitterアカウント利用の許可画面が表示されます。
jetpack_8

『連携アプリを認証』をクリック

jetpack_9

『OK』をクリック

jatpack_10

『Twitter』との連携も完了です。

これで『パブリサイズ共有』の設定は完了です。今後記事を公開したときに、FacebookページとTwitterに自動で公開した情報が共有されるようになります。

今回紹介した『Jetpack』はとても多機能で便利なプラグインですが、多機能なゆえに他のプラグインとの競合もしやすいプラグインになります。自身が使いたい機能以外はむやみに使わないことをおすすめします。『Jetpack』の機能と他のプラグインの機能を分けて使えば、非常に便利なプラグインなので是非使ってみてください。

スポンサーリンク
SNSに自動投稿するための設定
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!