【Google Analytics】『レポート』画面入門

本日は、『Google Analytics』で最もよく使う『レポート』画面の基本的な使い方を紹介していきます。『Google Analytics』にあまり馴染みのない人にとっては、まず何から始めたらいいのかわからないと思います。そのような人はまず『レポート』画面でどのようなことができるのか理解しましょう。

それでは早速紹介していきます。

以下が基本的な『レポート』画面になります。
※左メニューから行動>サイトコンテンツ>すべてのページを順に選択した画面になります。

google_analytics_report

スポンサーリンク

①ナビゲージョンリンク

『ホーム』

自身が作成したアカウントのプロパティとビューが全て表示される『ホーム』画面へのナビゲーションです。過去30日間の訪問数等が確認でき、各ビューの全体を把握するのに便利です。

『レポート』

データを閲覧するレポート群にアクセスできる『レポート』画面へのナビゲーションです。

『カスタム』

自身のオリジナルのカスタムレポートを作成したり、表示することができる『カスタム』画面へのナビゲーションです。

『アナリティクス設定』

アカウント、プロパティ、ビューに関する設定を行うことができる『アナリティクス設定』画面へのナビゲーションです。

②レポートナビ

レポートナビでレポート名を任意で選択することで様々なレポートにアクセスできます。各レポートの詳細についてはまたの機会に詳しく紹介したいと思います。

google_analytics_report_2

レポートナビ内の検索欄にアクセスしたいレポート名を直接入力したり、下に表示される『最近閲覧したレポート』等からもアクセスすることができます。

③期間指定

google_analytics_report_3

表示したいレポートの期間を最小1日単位から指定することができます。また、『比較』にチェックをいれることで異なる2つの期間を指定することができます。異なる2つの期間のレポートを表示し比較することができます。

④レポートヘッダー

『メール』

レポートをメールで送信できる機能です。。

『エクスポート』

CSV、Excel、PDF等の形式でレポートを出力できる機能です。

『マイレポートに追加』

『レポートナビ』内にある『マイレポート一覧』に任意のレポートを追加する機能です。よくアクセスするレポートを追加しておきましょう。

『ショートカット』

『レポートナビ』内にある『ショートカット』に任意のレポートを追加する機能です。よくアクセスするレポートを追加しておきましょう。『ショートカット』は『ホーム』画面からも直接アクセスすることが可能です。

⑤レポートタブ

レポートの表示形式の切り替えを行うことができます。

『エクスプローラ』

『Google Analytics』の標準レポートで、折れ線グラフとデータテーブルが表示されます。

『ナビゲーションサマリー』

特定のページの前のページと次のページの遷移が表示されます。

『ページ解析』

ウェブページ上でのユーザーの行動を視覚的に分析し表示されます。

⑥グラフ

レポートの数値の推移をグラフで表示します。

google_analytics_report_4

①『ページビュー』対『閲覧開始数』のようにグラフ化したい2つの指標を選択することができます

②日、週、月別に表示を切り替えることができます

③『折れ線グラフ』と『モーショングラフ』に表示を切り替えることができます。

⑦データテーブル

google_analytics_report_5

『データテーブル内』上部の『ページビュー数』等の指標名をクリックすることで、その指標を基準に並べ替えることができます。『ページビュー数』の多いページ順に表示させたい場合は、『ページビュー数』の指標名をクリックします。

以上が『レポート』画面の基本的な使用方法になります。上記で紹介した機能以外にも色々試してみて、『レポート』画面の操作に慣れていきましょう。

スポンサーリンク
【Google Analytics】『レポート』画面入門
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!