これからは置くだけ充電する時代!?おすすめのワイヤレス充電器4選

おはようございます、Zヤマ(@WebStyle_Zyama)です。

先日ついに、iPhone XとiPhone 8がリリースされましたね。

そこで今回注目したいのが、新型iPhoneの充電方法として採用されたワイヤレス充電(置くだけ充電)です。

今までのiPhoneは充電する際にLightningケーブルに接続する必要がありましたが、このワイヤレス充電はマット型の充電器にiPhoneを置くだけで充電してくれるというもの。

これにより、置くだけで充電することができるというワイヤレス化に対応しました。

いや〜、どんどん便利になっていきますね!

ワイヤレス充電器はまだまだ一般的ではないですが、今後急速に広がっていくことが予想されるでしょう。

そこで今回は、現在発売中・近日発売予定のワイヤレス充電器の中からおすすめできるもの(僕が買いたいと思っているものを含む)を4つ紹介していきます。

ワイヤレス充電器の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

ワイヤレス充電器選び3つのポイント

筆者おすすめのワイヤレス充電器を紹介する前に、まずはあなたにどうしても覚えておいてもらいたいワイヤレス充電器選びの3つのポイントを紹介します。

これさえ覚えておけば、あなたがワイヤレス充電器選びで失敗することはなくなると思います。

① コイル数

ワイヤレス充電では、電磁誘導という仕組みを利用して充電します。そして、この電磁誘導に必要なのがコイルです。

ワイヤレス充電対応のスマートフォンには受電側のコイルが、そしてワイヤレス充電器には送電側のコイルが内蔵されています。それらのコイルが磁石でくっついた状態の時に、電力が流れることで充電することができるのです。

ワイヤレス充電器の多くは、1つのコイルを内蔵しています。しかし、中には複数のコイルを内蔵しているワイヤレス充電器も存在しています。

もしあなたが、複数のデバイスを同時にワイヤレス充電したいと考えているなら、コイル数が複数のものを選びましょう。

② ワット数

充電スピード(高速充電)を考える上で、重要なのがワット数です。

現在発売されているワイヤレス充電器は、基本的に5W、7.5W、10W の3タイプです。そして、ワット数が大きければ大きいほど満充電までのスピードが早い(高速充電が可能)と考えてもらっていいでしょう。

あなたが充電スピードに重きを置く場合は、7.5W もしくは10W に対応したワイヤレス充電器を選ぶのがオススメです。
※ iPhone は最大で7.5W までにしか対応していません。10W の充電器に接続しても急速充電はできないのでご注意ください。

また、ワイヤレス充電器にはUSB ケーブルしか付属していないものが多く、その場合は、別途コンセントに接続するための電源アダプタが必要になります。せっかくワット数の高いワイヤレス充電器を購入しても、大元の電源アダプタが7.5W 以上の出力に対応していなければ高速充電はできないのでご注意ください。

以下の記事で、高速充電を可能にする電源アダプタを紹介しているのでご参考にしてください。
参考 買って後悔しない!USB電源アダプタ(充電器)の選び方まとめ

③ 平置きタイプ or 縦置きタイプ

現在発売しているワイヤレス充電器は、主に2タイプの形状をしています。

それが、平置きタイプ縦置きタイプです。

寝る前に充電するだけで充電中はほとんど使うことがないのであれば、ワイヤレス充電器の形状を気にする必要はありません。

しかし、もしあなたが充電中もスマートフォンを使いたい(通知の確認など)のであれば、縦置きタイプのワイヤレス充電器がオススメです。

縦置きタイプの場合、Face ID のロック解除が簡単 + 充電器に立てかけた状態で操作ができるため、平置きタイプに比べ充電中のスマホ操作がやりやすいです。

おすすめのワイヤレス充電器4選

① Belkin Boost Up Wireless Charging Pad

まるでAppleの純正品かのようなシンプルかつホワイトでデザインされたワイヤレス充電器です。

それもそのはず、Belkin社はAppleと提携してiPhone XやiPhone 8のためにこの充電器を開発したとのこと。そのため、新型のiPhoneとの互換性は抜群です。

『ワイヤレス充電する時って、iPhoneケースをいちいち外さなくちゃいけないの?』

と思った人も多いでしょう。

そんなことはありません。このワイヤレス充電器ではほとんどの軽量なiPhoneケースであれば問題なく置くだけで充電されることが、公式の商品ページにも記載されています。

Apple StoreやAmazonで購入することができます。現在、Amazonでの価格がかなり高いため、Apple Storeでの購入をオススメします。

Apple Storeで購入する

② mophie wireless charging base

こちらのワイヤレス充電器もApple Storeで販売されている商品になります。

この充電器は表面がゴム製になっているため、充電中にiPhoneがズレにくく、また大切なiPhoneを傷つけにくいというメリットがあります。

ちょっとした振動で充電中のiPhoneが充電器からズレていて、充電が全くできていなかったという心配もありません。

また、過充電による発熱を防止する機能も搭載しています。

ワイヤレス充電器の中には、iPhoneの充電が完了しているのに充電を続けていると発熱してしまうものもあります。これは、iPhoneと充電器の故障に繋がってしまいます。

しかしこの充電器は、OVER CHARGE PROTECTION(過充電防止)機能が備わっているため安全に充電することができます。

こちらの充電器も現在Amazonではかなりの高値がつけられているため、Apple Storeでの購入をオススメします。

Apple Storeで購入する

③ AirPower(近日発売予定)

2018年発売予定のApple純正のワイヤレス充電マットです。

新型iPhone、Apple Watch、AirPodsなど対応するデバイスを3つまで同時に充電できる優れものです。

詳しい商品情報はまだ公式ページにも掲載されていませんが、純正品にこだわる方やApple WatchやAirPodsなどApple製品を多くお持ちの方は、AirPower発売まで待ってもいいかもしれませんね。

ちなみに、僕はAirPowerが発売したら購入するつもりです♪

④ Freedy Flex 10W ワイヤレス充電パッド

平置きタイプと縦置きタイプが合体したワイヤレス充電器です。

旅行など持ち運びの際は平置きタイプで(荷物がかさばらない)、自宅の時は縦置きタイプといった2タイプの使い方を楽しめます。

さらに、急速充電にも対応しています。最大出力は10W、iPhone の急速充電7.5W にも対応しています。

スマートフォンの縦置きと横置きにも対応したスタンドタイプのワイヤレス充電器なので、充電をしながら動画を楽しみたい方に特にオススメです。

まとめ

さて、今回は今後急速に広まっていくであろうワイヤレス充電器について紹介させていただきました。

新型iPhoneがワイヤレス充電に対応したことで、今後は各社からワイヤレス充電対応のスマートフォンが発売されるでしょう。

さらに、Appleのスペシャルイベントで紹介されていましたが、様々なカーメーカーやマクドナルドなどの飲食チェーンがワイヤレス充電パッドの採用に協賛しています。

このように将来的には、自動車の中、空港、カフェなどの商業施設でワイヤレス充電できることが一般的になっていきそうですね。