【Photoshop】ブラシツールでシミ・そばかすを綺麗にする方法

おはようございます♪

本日は、Photoshopのブラシツール(コピースタンプツール)を使って、肌の汚れ(シミやそばかす)を綺麗に修正する方法を紹介します。

特に、自撮り写真などを頻繁にインスタグラムにアップする女性の方にオススメの加工方法です。

インスタで使える写真編集テクニックを、以下の記事でまとめて紹介しています。興味のある方は是非!
参考 【Photoshop】インスタで使える写真編集テクニックまとめ

今回はブラシツールを使った方法をメインで紹介していきますが、ブラシツールの代わりにコピースタンプツールでも代用できます。

コピースタンプツールの基本的な使い方は、以下の記事を参考にしてください。
参考 【Photoshop】コピースタンプツールで不要な部分を消す方法

今回はこちらの少女の写真を使用し、加工してソバカスを綺麗にしていきます。

photoshop_tool_brushes_freckles

それでは手順を紹介します。

①新規レイヤーを作成

写真の上に新規レイヤーを作成します。このレイヤーにブラシツール(コピースタンプツール)を使って色を塗っていきます。

※ 直接写真のレイヤーに、ブラシツール(コピースタンプツール)を使ってしまうと、間違えた時に修正がしづらくなります。必ず写真レイヤーの上に新規レイヤーを作成し、作成した新規レイヤーに色を塗っていってください。

photoshop_tool_brushes_freckles_2

②スポイトツールとブラシツールを組み合わせて修正

スポイトツールで色を拾いながら、ブラシツールで修正していきます。

ツールパネルから、ブラシツールを選択します。

次に、『ブラシ』パネルを開き、ブラシの設定をしていきます。
※『ブラシ』パネルは、メニューから『ウィンドウ』>『ブラシ』で表示できます。

photoshop_tool_brushes_freckles_3

『ブラシ先端のシェイプ』を選択し、今回は『ソフト円系』ブラシを使用していきます。

設定はデフォルトのままで問題ありません。
※『硬さ:0%』、『間隔:25%』になっているか確認してください。

設定が完了したら、実際に修正していきます。

スポイトツールを使って肌の色を抽出していきます。

役立つショートカット

スポイトツールの起動:alt(option) を押し続ける
※ ブラシ or コピースタンプツール使用時

スポイトツールを起動し、拾いたい色にカーソルを合わせて色を抽出してください。

photoshop_tool_brushes_freckles_4

描画色に肌の色がセットされたら、ブラシツールを使って塗っていきます。

この時の『ブラシサイズ』や、『不透明度』は画像サイズに合わせてセットしてください。

基本的に『不透明度』はあまり高い値にせず、『5〜20%』の間にセットすると綺麗に仕上がります。

頬などの範囲の広い部分は『ブラシサイズ』を大きく、鼻などの細かな部分は小さくして修正していきます。『不透明度』低い値に設定しているため、同じ箇所を少しずつ何回もクリックして修正していきます。

また、場所を移動するたびに、スポイトツールで描画色を何度も細かく変更しながら修正すると綺麗に仕上がります。

photoshop_tool_brushes_freckles_5

肌の修正が完了しました。違いがわかりやすいように右半分は修正せず残してあります。

シミやそばかすが取り除かれ綺麗に仕上がっていると思います。

photoshop_tool_brushes_freckles_6

まとめ

最後に、今回紹介したブラシツール(コピースタンプツール)でシミ・そばかすを綺麗にする方法のまとめ(注意点)などを紹介しておきます。

  • 必ず新規レイヤーを作成し、そのレイヤーに色を載せていく
  • ブラシツール(コピースタンプツール)の不透明度は低く設定する(5~20%程度)
  • 場所を移動するたびにスポイトツールを使い、細かく塗っていく色を調整する

上記の3点に注意して加工していけば、誰でも簡単に肌のシミ・ソバカスを綺麗に消すことができます。

色を載せすぎて肌が不自然になった場合は、色を載せているレイヤーを消しゴムツールなどで調整したら簡単に修正することができます。この時も、消しゴムツールの不透明度は低く設定してください。