使えなくなってからでは遅い!WordPressを安全に更新する方法

wordpress-update

本日は、WordPressを安全に更新する方法を紹介します。ちょうどWordPress4.2.3が利用可能になったので、実際に更新していきたいと思います。

WordPressの更新は非常に簡単で、管理画面からボタン一つで更新が行えます。しかしWordPressが推奨している方法は、更新前にバックアップをとり、プラグインをすべて停止した上で更新する方法です。少し手間はかかりますが、WordPressの安全を考え、しっかりした更新手順を覚え、安全な更新を心がけましょう。

それでは早速、更新していきます。

スポンサーリンク

①ファイルのバックアップをとる

WordPressのバックアップをとる(ファイル編)を参考にし、ファイルのバックアップをとってください。

②データベースのバックアップをとる

※WordPressのバックアップをとる(データベース編)を参考にし、データベースのバックアップをとってください。

③全てのプラグインを停止する

①プラグイン画面を表示

wordpress_update

②プラグインを停止

wordpress_update_2

①『一括操作』から『停止』を選択

②チェックボックスにチェックを入れる

③『適用』をクリック

すべてのプラグインが停止しました。

wordpress_update_3

④WordPressを更新する

ダッシュボード画面を表示します。

wordpress_update_4

『更新してください。』をクリック

『WordPressの更新』画面が表示されます。

wordpress_update_5

『今すぐ更新』をクリック
※更新中はタブを閉じたり、ページを切り替えないようにしてください。

WordPress4.2.3が正常に更新されました。

wordpress_update_6

忘れず停止したプラグインを有効化してください。

以上が、WordPressを安全に更新するでした。WordPressには頻繁に更新する機会があるので、安全に更新する方法をしっかり覚えておきましょう。

スポンサーリンク
使えなくなってからでは遅い!WordPressを安全に更新する方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!