子供のプログラミング教育に。遊んで学べる Swift Playgroundsとは!?

おはようございます♪

今日は、最近待望の日本語対応したSwift Playgroundsについて紹介したいと思います。

僕自身も今まで使ったことがなかったですが、日本語対応したということもあり、早速インストールして使ってみました。その感想も含めて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

Swift Playgroundsとは?

さて、勢いに任せてここまで書いてしまいましたが、そもそもSwift Playgroundsについて知らない人も多いと思います。なので簡単にSwift Playgroundsとは何なのか説明しておきます。

簡単に紹介すると、Appleが提供するパズル感覚で遊びながらプログラミングを学べる、プログラミング学習アプリです。

2016年9月にリリースしたのですが、アプリ内のテキストが英語で記載されているため、英語ができない方にとってはまだまだ敷居が高いアプリでした。

しかし、先日ついに日本語を含む5カ国語に対応し、誰でも簡単にインストールして使えるようになりました。

最近では日本でも小学校でのプログラミング教育が必修化されるなど、子供にプログラミングを学ばせたいという親御さんも多いかと思われます。しかし、何から始めたらいいのかわからないのが現実ですね。

そんな方に絶対的にオススメなのがSwift Playgroundsです。

このアプリは、無料で始めれますし、今まで一度もプログラミングをやったことがないという初心者の方でも、遊びながら簡単にプログラミング的思考を学ぶことができます。

以下にApple公式ページのデモ映像を見ることができるリンクを記載しておくので、映像でどのようなものか確認したい方は是非ご覧ください。

参考 Swift Playgroundsデモ映像を見る(Apple公式ページ)

Swift Playgroundsを使用できるデバイスは?

Swift PlaygroundsはiPad専用のアプリになります。

また、すべてのiPadで使えるというわけではなく、現時点で対応しているモデルは、iOS 10以降を搭載したiPad Pro、iPad Air全モデル、iPad mini 2以降のモデルで利用可能です。

もちろん最近発売された9.7インチiPadでも利用可能です。

Swift Playgroundsの遊び方

ここでは、Swift Playgroundsをインストールして遊ぶ方法を紹介していきます。

Swift Playgroundsをインストール

以下のリンクから、App Storeに飛び、Swift Playgroundsをインストールします。

Swift Playgrounds – Apple

Swift Playgroundsで遊ぶ

インストールして、実際に使ってみました。

インストールすると初めにこのような画面が表示されます。

色々な種類のステージやゲームが用意されています。

とりあえず、Swiftの基本を選択してみます。

Swiftの基本をダウンロードする画面が表示されます。

『GET』をクリックしてダウンロードします。

ダウンロードが終わると、『GET』が『OPEN』に変わるので、『OPEN』をクリックして開きます。

ちなみに、ダウンロードしたコンテンツは『マイプレイグラウンド』という部分に保存されるみたいです。

ダウンロードしたコンテンツを開くと、初めに簡単なチュートリアルが表示されます。

チュートリアルを読み終わると、ついにゲームスタートです!!

ゲーム画面がこちら!

いやー、すごいクオリティの高さですね。無料とは思えません。さすがAppleですね。

簡単に操作画面を紹介します。

① 目標

画面左上に、『目標』という項目があります。

ここでは、このステージをクリアする方法が記載されています。目標をうまく達成すればステージクリアです。

② コード入力

タップしてコードを入力』という部分をタップすると、コードが入力できるようになります。文字列を直接記載するのではなく、用意されたコードをタップして、この部分に追加していくという仕組みです。

今回は上記画像のように、コードを追加してみました。

③ コード実行

コードの入力が終わったら、『コードを実行』をクリックして、自身が書いたコードを実行していきます。

すると、右側の画面のキャラクター(バイトという名前だそうです)が記載されたコードに従って動き出します。右側の画面は、指でスワイプことで見える角度を調整できます。

キャラクターの動きもスムーズでとてもユニークな動きをします。

ちなみに先ほど入力したコードでこのステージはクリアできました。一番初めのステージなのでとても簡単でした。小学生くらいのお子さんでも全然理解できる内容だと思います。しかも楽しいです♪

まとめ

さて、Swift Playgroundsいかがでしたでしょうか?

小学生くらいのお子さんとプログラミングを学びたいと思っている親御さんにとっては、最もおすすめしたいアプリになります。無料で始められるので、ぜひ一度お試しください♪

僕はインストールしてからまだ数ステージしかプレイしてませんが、どっぷりハマってしまいました。今後またSwift Playgroundsをプレイしていく中で、記事にしたい部分は記事にしていきたいと思います。

スポンサーリンク
子供のプログラミング教育に。遊んで学べる Swift Playgroundsとは!?
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!