スマートスピーカー主要3社を徹底比較。Google、Amazon、LINE、おすすめはどれ?

おはようございます♪

今日は、話題のスマートスピーカーについて書きたいと思います。

日本で発売されているスマートスピーカーのメーカーで、有名どころがGoogleAmazonLINEですね。

今回は、この3社がどのようなスマートスピーカーを出しているのか、またそれぞれのスピーカーでどんな違いがあるのかを紹介していきます。

ちょうどスマートスピーカーを買おうと思っていた人は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スマートスピーカー主要3社を徹底比較

Google

比較表

製品名 Google Home Mini Google Home
価格 6,480円 15,120円
サイズ 98(W)×42(H)×98(D)mm 96.4(W)×142.8(H)×96.4(D)mm
重量 173g 477g
カラー  チョーク、チャコール、コーラル  ホワイト
ハイレゾ対応 ×
ワイヤレス Wi-Fi(802.11b/g/n/ac)、Bluetooth
スピーカー 40mmドライバ採用、360°サラウンド 2インチドライバ、2インチデュアルパッシブラジエータ搭載
操作方法 音声操作、タップ操作、ミュートボタン
ウェイクワード OK Google、ねえ Google
対応OS Android 4.4以上、iOS 9.1以上
AIアシスタント Googleアシスタント

Google Homeの一番の魅力は、Googleアシスタントです。

調べものやスケジュール管理、経路検索などにGoogleを使っている人は多いと思いますが、Google Homeがあればそれらをそのままスピーカー操作で行うことができるようになります。

Googleアシスタントは、他のAIアシスタントと比べて、現時点で間違いなく一番進んでいると言えるでしょう。

また、後述するAmazon Echo(入手が招待制)と比較すると、入手のしやすさも魅力の一つです。

Amazon

比較表

製品名 Amazon Echo dot Amazon Echo
価格 5,980円 11,980円
サイズ 84(W)×32(H)×84(D)mm 88(W)×148(H)×88(D)mm
重量 163g 821g
カラー ブラック、ホワイト サンドストーン、チャコール、ヘザーグレー
ハイレゾ対応 ×
ワイヤレス Wi-Fi(802.11a/b/g/n)、Bluetooth
スピーカー 0.6インチスピーカー 2.5インチウーファー、0.6インチツイーター
操作方法 音声操作、音量調整、ミュートボタン
ウェイクワード Alexa、Amazon、Echo、コンピューター
対応OS iOS、Android(Fireタブレット非対応)
AIアシスタント Alexa

Amazon Echoの一番の魅力(他社製品との違い)は、何と言っても音声ショッピング機能です。

音声で商品を検索してもらいそのまま購入、購入履歴から再注文など、話しかけるだけでAmazonで買い物が行えます。

ネットショッピングはAmazonで行うという人にはおすすめです。

また、Amazon Echoは外部スピーカーとの有線接続が可能で、Bluetoothに対応していない高音質のスピーカーを自宅で使っているという人にもおすすめです。

問題点があるとすれば、前述したようにAmazon Echoは現時点で招待制の購入のため、購入までのプロセスが他のスマートスピーカーと比べると面倒くさいです(購入までに数週間かかります)。

Amazon Echoの購入方法

  1. 招待メールをリクエスト
    AmazonのAmazon Echoの個別ページから、『招待メールをリクエスト』をクリックしてます。

  2. 招待メールが届く
    数週間以内に招待メールが届きます。

  3. Amazon Echoを購入
    招待メールが届いたら、Amazonの個別ページから、Amazon Echoを購入することができます。

LINE

比較表

製品名 Clova Friends Clova WAVE
価格 8,640円 14,000円
サイズ 72(W)×170.3(H)×72(D)mm 86.25(W)×201.05(H)×139.84(D)mm
重量 378g 998g
カラー BROWN、SALLY ネイビー
ハイレゾ対応 ×
ワイヤレス Wi-Fi 802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2 Wi-Fi(802.11b/g/n)、Bluetooth 4.1
スピーカー 10WクラスDアンプ、45mmフルレンジ、60×45mmパッシブレジエーター 2.5インチ20Wウーファー、1インチ5Wツイーター×2
操作方法 音声操作、音量調整、ミュートボタン
ウェイクワード Clova、Jessica
対応OS Android 4.4以上、iOS 9.0以上
AIアシスタント Clova

Clovaの一番の魅力は、LINEアプリとの連携です。

今や日本のメッセンジャーアプリの定番となったLINE。家族や友人との連絡手段として、生活の一部となっていますね。

Clovaがあれば、Clovaに話しかけるだけでLINEのメッセージ機能や無料通話機能を行うことができます。
※Clova WAVEはLINE通話発着未対応

特に、料理、読書、PC作業など両手がふさがった作業をしている際にも、LINEでのコミュニケーションが行えるようになるので、とても便利です。

また、Clova FriendsとClova WAVEの両方ともに、購入するとLINE Musicが一定期間無料になるキャンペーンが付いているので、LINE Musicユーザーにはとてもお買い得です。
※Clova Friendsで6ヶ月、Clova WAVEで12ヶ月分のLINE Music無料期間付き

さらに、他のスマートスピーカーと違う部分が、Clovaはバッテリーを搭載しています。そのため、コンセントから離れた場所や野外などに持ち出して使うことも可能です。しかし、Wi-Fi環境でないと使用できないので、野外で使用する場合はポケットWi-Fiなどが必要になります。

まとめ

Google、Amazon、LINE(主要3社)のスマートスピーカーの機能や特徴などを紹介させていただきました。

スマートスピーカー自体新しい製品であり、まだまだ開発途上の製品であるため、今後ますます多くの機能が追加されたり、操作性なども向上していくでしょう。

しかし、現段階では製品間でそこまでの差はなく、以下の簡単なポイントで選んでいただければ問題ないと思います。

  • AIアシスタント機能を重視する方は、Google Homeを
  • Amazonでのショッピングをスマートスピーカーでしたい方は、Amazon Echoを
  • LINEメッセージや通話をスマートスピーカーでしたい方は、Clovaを

スマートスピーカーが自宅にあるだけで、生活の質がガラッと変わるでしょう。

あなたもこの機会にスマートスピーカーの購入を考えてみてはいかがですか♪

スポンサーリンク
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!