楽天モバイルで初めての格安SIMデビュー!!

おはようございます♪

週末ついに格安SIMデビューを果たしたZヤマです!!

今回は、ソフトバンクユーザーだった僕が格安SIM(楽天モバイル)に変更した手順を紹介します。格安SIMに興味があったあなたの手助けになればと思います。

rakuten_mobile_simcard

手順はざっくりこんな感じです。

  1. 契約中のキャリアのMNP予約番号を取得
  2. 楽天モバイルで新規契約
  3. Apple Storeで新しいiPhoneを購入
  4. 楽天モバイルで格安SIMゲット
スポンサーリンク

①契約中のキャリアでMNP予約番号を取得

あなたが現在使用中の携帯番号をそのまま楽天モバイルでも使用したい場合は、MNP予約番号の発行が必要になります。発行方法はとても簡単で、現在契約中のキャリアに連絡するだけです。以下にMNP予約番号を取得するための、それぞれの連絡先を記載しておきます。是非参考にしてください。

キャリア 電話番号 受付時間
NTTドコモ 0120-800-000 9:00~20:00
au 0077-75470 9:00~20:00
ソフトバンク 0800-100-5533 9:00~20:00

基本的に上記番号に電話して予約番号を発行してもらうだけなのですが、意外に手間取ったので紹介しおきます。

僕が以前契約していたキャリアはソフトバンクでした。

早速、MNP予約番号を発行するためのソフトバンクの電話番号に連絡してみました。

ダイアル操作でMNP予約番号の発行を選択します。するとオペレーターに繋がります。

Zヤマ:『MNP予約番号を発行したいのですが?』

オペレーター:『かしこまりました。それでは直ぐ済みますので、いくつかのアンケートにお答えください。』

Zヤマ:『はい。』

(ここから約15分ほど格闘!!)

検討中の通信会社は?どちらの端末を購入予定ですか?それならソフトバンクを解約しない方がお得かと・・・など。ソフトバンクを解約させまいと色々口実をつけてなかなか予約番号を発行してくれませんでした。イライラしたので、結局早く予約番号を発行してくれと伝えたところ、SMSで送るから確認してくれと返答があり終了。実際5分もかからない作業に手間取りました。笑

まあ、無事に予約番号を発行できたので良かったです。

※上記作業をする前に、現在ご契約中のキャリアの更新月の確認を忘れないようにしてください。更新月以外の解約は解約金が発生します。

僕の場合は、更新月の月だけを気にしていたため、1年ずれていることに電話してから気づきました(笑)。解約金を払ってでも、格安SIMに変更した方がトータルで安くなるので気にせず今回は解約しました。ですが、更新月を狙って解約した方が、無駄な料金がかからないのでおすすめです。

②楽天モバイルで新規契約

楽天モバイルで契約する方法は2通りあります。

  1. Webで契約する
  2. 楽天モバイルショップで契約する

Webで契約する場合は以下リンクから、『Webで今すぐお申し込み』をクリック
【楽天モバイル】

僕の場合は、楽天モバイルショップに直接訪れて契約しました。お近くの楽天モバイルショップは以下リンクからお探しください。
参考 http://mobile.rakuten.co.jp/shop/

新規契約時に必要なものはこちらになります。

  1. MNP予約番号
  2. 本人確認書類(運転免許書や保険証など)

上記書類を用意して、スタッフから渡される新規契約書類の必要事項を記入。

今回僕が契約したのが、通話SIMの3.1GBプラン。僕の場合は、自宅にネット環境があり外では動画などは見ないとスタッフに伝えたとことこちらのプランを勧められました。3.1GBを超過したとしても、支払う料金は変わらず通信速度が遅くなるだけ。また、月ごとにプランの変更は行えるのでとりあえず料金の安い3.1GBプランから試してみます。

楽天モバイルのSIMプランはこちらになります。

rakuten_mobile_simcard_2
※楽天モバイル公式サイトから引用

新規契約書の記入が終わると、スタッフからSIMを用意するのに2時間くらいかかるとのこと

僕の場合は、Apple Storeに新しいiPhoneを買いに行く予定だったのでちょうど良かったです。時間がない方は、余裕がある日を狙って契約しに行くことをお勧めします。

楽天モバイルSIMを使用できる端末は以下を参考にしてください。
※僕のようにiPhoneで使用したい方は、SIMフリーのものか、SIMロックを解除したiPhoneが必要になります。SIMロックを解除する方法はご使用のiPhoneを購入した各キャリアでご確認ください。Apple Storeで購入したiPhoneは全てSIMフリーになります。
参考 http://mobile.rakuten.co.jp/device/

③Apple Storeで新しいiPhoneを購入

今回僕は、今持っているiPhone 5sを下取りキャンペーンに出し、iPhone SEを購入しました。

iPhone下取りキャンペーンの詳細はこちら↓
参考 http://www.apple.com/jp/iphone/trade-up/

下取りに必要なものは以下になります。

  1. 本人確認書類(免許証など)
  2. 下取りするiPhone(初期化したもの)

下取りするiPhoneは初期化する必要がありますが、Apple Storeで初期化してくれるのでバックアップさえ取っておけば、使用中のものをそのまま持っていっても大丈夫です。今回僕のiPhone 5sは公式サイトで最大下取り価格で載っている1万円で買い取ってもらえました。保護フィルムやケースに入れて大切に使っていた甲斐がありました。

※下取りの際に、損傷がひどいもの、脱獄したものは適用外になります。

下取りの手続きが終わったら、次にiPhone SEの購入手続きへ。

今回はAppleが期間限定で行っているショッピングローンを利用しました。このショッピングローンは24回払いを無利子で受けられるものです。

そのため、今回iPhone SE(16GB)購入にかかる金額は以下になります。

本体代:51,624円(税込)
下取り額:10,000円
合計:41,624円(税込)
支払い回数:24回
第1回目分割支払金:2,524円
第2回以降目分割支払金:1,700円

iPhone SEを購入して、Apple Store内でスタッフと一緒にデータの復元を行い完了です。

購入したiPhone SE スペースグレイ↓

rakuten_mobile_simcard_3

rakuten_mobile_simcard_4

今回下取りをして再認識したのが、液晶保護フィルムや本体ケースの重要性です。iPhoneの買い替えを上手にするには、下取りはとても重要です。その下取りで高く売るためには、iPhoneを綺麗に使っていくことです。今回購入したiPhone SEも次回の買い替えのために綺麗に使います!!

④楽天モバイルで格安SIMをゲット

iPhoneの購入手続きと復元作業に結構時間がかかったので、そのまま楽天モバイルに向かいました。格安SIMの用意もできていたので、スタッフに声をかけてSIMの動作確認などの手続きへ。

※店舗が混んでいたので、もう一度受付番号を発券して順番を待たなければいけないのかと思いましたが思いましたが、スタッフに声をかけたところすぐに案内してくれました。店舗によって対応は異なると思いますが、待つより声をかけたほうがいいです。

SIMを買ったばかりのiPhone SEの中へセット・・・

1度はSIMが反応せず焦りましたが、スタッフが入れ直したところ問題なく動作しました。

あとは、楽天モバイルのオプション契約の説明を受けて終了です。

通話をよく使われる方は、楽天モバイルの楽天でんわ5分間かけ放題オプション850円/月にご加入するのがおすすめです。僕はLINEなどのアプリケーションで事足りるので、このオプションはつけませんでした。

まとめ

楽天モバイルで格安SIMデビューをしたZヤマですが、最後に格安SIMに変えてわかったメリット・デメリットを紹介しておきます。

メリット

①最大のメリットは何と言っても安い!!
今までソフトバンクで契約していて大体8,000〜9,000円かかっていましたが、今回格安 SIMに変更して、月々の支払いが1,600円(通話SIM代金)+1,700円(2回目以降のiPhone分割代)=3,300円(合計)になりました。約1/3の料金になります。また、僕のように新しい端末を購入しない場合はもっと安くなります。

②更新月などの契約期間に縛られない。
3大キャリアには2年縛りの契約期間があります。しかし、楽天モバイルの契約期間は1年です。しかも、1年を過ぎたら更新月などなしにいつ解約しても解約金はかかりません。3大キャリアで契約していた時よりも自由に契約更新を行えます

③楽天スーパーポイントが、使える!貯まる!!
僕もそうですが、楽天モバイルでの契約は楽天ユーザーにはとてもおすすめです。通話SIM契約期間中であれば、楽天市場でのお買い物がずっと2倍になります。また、楽天モバイルの支払い(通信料の支払い)に楽天スーパーポイントが使えます。楽天スーパーポイントの使い道に悩んでいて、毎回特に必要ないものに使っていたという方は特におすすめです。楽天スーパーポイントをあなたの携帯代に充てることができます。とても便利な使い方ですね♪

④SIMフリーの端末を用意するため、海外に行った時に便利
SIMフリーの端末を使うため、たとえ海外に滞在することになったとしても海外でSIMを契約したらそのまま使うことができます。出張や留学に行かれる方は便利です。

デメリット

①通信速度は3大キャリアより遅い
3大キャリアと比較すると通信速度は遅いです。通信速度が遅いとイライラする方にはあまりおすすめできません。とは言っても、僕は全然気にならないスピードです。

②通話をよくされる方には向かない
3大キャリアで用意されているように、同じキャリア同士ならいくら通話しても定額などのサービスはありません。基本的に通話した分だけ料金がかかります。しかし、楽天モバイルではそれを補うために楽天でんわ5分かけ放題オプションが用意されています。それらオプションをうまく利用すれば問題ありません。

メリット・デメリットを総括して、僕にとっては格安SIMに変更したことはメリットしかありません。これで毎月の通信料を大幅に下げることができました。よかったよかった♪

今回僕が利用した楽天モバイルの詳しい内容はこちら↓


以上が、僕が行った楽天モバイルで格安SIMデビューをした手順になります。これから楽天モバイルでなくても、格安SIMに変更したいと考えているあなたの参考になれば嬉しいです♪

スポンサーリンク
楽天モバイルで初めての格安SIMデビュー!!
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!