【Photoshop】色域指定で選択範囲を作成する方法

本日は、Photoshopの『色域指定』を使用して選択範囲を作成する方法を紹介します。『色域指定』では、プレビュー画面を見ながら『許容量』を調整することで、選択する色域の幅をリアルタイムで調整することができ簡単に色別の選択範囲を作成することができます。

今回はこの画像を使って紹介していきます。

photoshop_selection_color_range

スポンサーリンク

・基本的な使い方

メニューから、『選択範囲』>『色域指定』を選択

photoshop_selection_color_range_2

『色域指定』ダイアログが表示されます。

photoshop_selection_color_range_3

『選択:』で『指定色域』を選択し、画像上の選択範囲を作成したい色部分をクリック
※ここでは青色の部分の選択範囲を作成していきます。

photoshop_selection_color_range_4

すると、プレビュー画面にクリックした色と指定した『許容範囲』内に含まれる色が選択されます。

photoshop_selection_color_range_5

プレビュー画面を見ながら、『許容値』を調整します。
※数値を入力するか、カーソルで調整します。

調整が終わったら、『OK』をクリック

『色域指定』で選択範囲が作成されます。

photoshop_selection_color_range_6

しかし色むらや影がある画像では、上の画像のように綺麗に選択範囲が作成できないことがあります。

・綺麗に選択範囲を作成する方法

『許容値』を調整しただけで綺麗に選択範囲の指定ができないときは、『許容値』を最小の『1』に設定して指定する色域を少しずつサンプリングしていくことで綺麗にしていできます。

『色域指定』ダイアログを表示

photoshop_selection_color_range_7

『許容値』を『1』に設定し、『選択範囲のプレビュー:』で『グレースケール』を選択、『サンプルに追加』を選択して、画像上で選択範囲を作成したい色を少しずつクリックしていく。

地道ではありますが、この作業を複数回繰り返すことで綺麗な選択範囲を作成できます。

photoshop_selection_color_range_8

※『選択範囲のプレビュー:』で『グレースケール』を選択したため、画像が黒白で表示されます。この方がどこが選択範囲にしていされているか簡単に確認できます。

photoshop_selection_color_range_9

あまり複雑でなく、わかりやすく色分けされている画像では『色域指定』をうまく使って選択範囲を作成していきましょう!!

スポンサーリンク
【Photoshop】色域指定で選択範囲を作成する方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!