【Photoshop】レイヤースタイルを拡大・縮小する方法

本日は、レイヤースタイルを拡大・縮小する方法を紹介します。レイヤースタイルが適用されているレイヤーを『自由変形』などで拡大・縮小した場合、レイヤースタイルは拡大・縮小の影響を受けないため元のデザインが維持されません。そのため、レイヤーとは別にレイヤースタイルの拡大・縮小を行う必要があります。

今回は下のように、テキストにレイヤースタイルを適用した画像を使用していきます。

photoshop_layerStyle_scale

この画像のテキストのレイヤーを自由変形で縮小したとします。
→以前の記事(【Photoshop】画像やレイヤーの変形)を参考

photoshop_layerStyle_scale_2

レイヤースタイルの境界線とドロップシャドウを適用していたのですが、レイヤースタイル部分は縮小されず、アンバランスになってしまいました。

そのため、レイヤースタイルの縮小も行っていきます。

今回はテキストレイヤーを60%を指定して縮小を行ったため、レイヤースタイルも60%縮小していきます。レイヤースタイルを適用したレイヤーを自由変形する場合は、後でレイヤースタイルも拡大・縮小することも考えどのくらいの比率で変形したのか覚えておきましょう。

『情報』パネルを開いた状態で変形を行うことで、どのくらいの比率で変形したか確認できます。

photoshop_layerStyle_scale_3

レイヤースタイルの縮小を行うレイヤーの右側に表示されているレイヤースタイルアイコンを右クリックし、『効果を拡大・縮小』を選択

photoshop_layerStyle_scale_4

『レイヤー効果を拡大・縮小』ダイアログが表示されます。

photoshop_layerStyle_scale_5

『比率:』に任意の数値を入力し、『OK』をクリック

レイヤースタイルが拡大・縮小されます。

photoshop_layerStyle_scale_6

レイヤーの変形と同じ比率で、レイヤースタイルの拡大・縮小が行えました。レイヤースタイルが適用されているレイヤーを変形する際は、忘れず比率を確認し、レイヤースタイルも同様に拡大・縮小を行いましょう!!

スポンサーリンク
【Photoshop】レイヤースタイルを拡大・縮小する方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!