【Photoshop】レイヤースタイル『光彩』の使い方

本日は、レイヤースタイル『光彩』の使い方を紹介します。『光彩』を使うことで、任意のレイヤーを簡単に美しく光らせることができます。

『光彩』には内側と外側の2種類ありますが、今回は外側を例に挙げて紹介していきます。それと、この『光彩』というレイヤースタイルは透明な部分があるレイヤーしか使えないので注意してください。

今回はこの画像を使用していきます。

photoshop_layerStyle_outerGlow

シーガル(鳥)の周りを選択範囲で囲みレイヤーマスクをしたレイヤーと黒のベタ塗りのレイヤーです。

photoshop_layerStyle_outerGlow_2

スポンサーリンク

レイヤースタイルの『光彩(外側)』を適用

シーガルの周りに『光彩(外側)』を適用していきます。

photoshop_layerStyle_outerGlow_3

レイヤースタイルを適用したいレイヤーを選択した状態で、『レイヤースタイルを追加』をクリックし、『光彩(外側)』を選択

『レイヤースタイル』ダイアログが表示されます。

photoshop_layerStyle_outerGlow_4

以下の表を見ながら各項目を設定し、プレビュー画面を見ながら調整

項目 内容
ノイズ 光彩に含むノイズの割合を設定。基本的には0%で問題ありません。
テクニック 『さらにソフトに』と『精細』の2種類があります。『さらにソフトに』では、大まかにレイヤーの透明部分を縁取ります。『精細』では、レイヤーの形状を反映した光彩になります。
スプレッド 光彩の最も不透明度が低い範囲を設定します。数値が大きくなるほど、ぼけの少ない加工になります。
輪郭 光彩の光のグラデーション具合をサンプルから選択できます。
範囲 光彩の範囲を設定できます。
適用度 光彩のカラーにグラデーションを使用している場合、グラデーションの開始位置を調整できます。

設定が完了したら、『OK』をクリック

選択していたレイヤーに『光彩(外側)』が適用されます。

photoshop_layerStyle_outerGlow_5

あっという間に雰囲気の違った画像になりましたね。とても簡単なので是非お試しください!!

スポンサーリンク
【Photoshop】レイヤースタイル『光彩』の使い方
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!