『Photoshop』で扱う画像フォーマットについて

本日は、『Photoshop』で扱うことができるファイルのフォーマットについて紹介します。それぞれのフォーマットの特徴を理解し、適切に使用しましょう。

スポンサーリンク

フォーマットの種類

項目 内容
PSD

PSB

『Photoshop』のデフォルトフォーマットです。全ての機能を保ったまま保存することができます。『Photoshop』以外の多くのAdobe製品で利用することが可能です。
※PSBはPSDと機能はほとんど変わりませんが、2GBを超える大きなファイルも扱うことができます。
TIFF 様々なアプリケーションソフトで読み込むことができる汎用性の高いフォーマットです。レイヤーや不透明度、注釈といった機能を保持できるのが特徴です。
※PSDのフォーマットが使用できないときに有効なフォーマットです。
JPEG 写真のようにグラデーションの豊富な画像を圧縮して保存する場合の標準フォーマットです。
※『非可逆圧縮』という種類の圧縮方式で、保存を繰り返すたびに画質が劣化します。
RAW DATA 一眼レフカメラやミラーレスカメラで撮影した画像の撮影した情報がすべて残っている生の(RAW)データです。

※RAW DATAは保存時のフォーマットとしては利用できません。

DNG カメラメーカー間で互換性のないRAWデータに互換性を持たせるためのフォーマットです。
PDF PDFはPCのドキュメント方式としてよく使われるフォーマットの1つです。
※ファイルの保存時に『Photoshop編集機能』にチェックを入れることで、『Photoshop』で再編集が可能になります。
EPS ラスターデータとベクトルデータ、『Photoshop』のパスを保持できるフォーマットです。

ファイルの保存時には、上記のフォーマット表を参考にして適切なフォーマットで保存しましょう。不適切なフォーマットで保存した場合、すべての機能が継承されないこともあります。注意しましょう!

スポンサーリンク
『Photoshop』で扱う画像フォーマットについて
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!