【Photoshop】『ダスト&スクラッチ』フィルターでキズやゴミを取り除く

本日は、Photoshopで『ダスト&スクラッチ』フィルターを使って画像内の気になる細かなキズやゴミを簡単に取り除く方法を紹介します。

『ダスト&スクラッチ』フィルターとは?

画像内で濃度差のある部分を探し、その部分を周りのピクセルで塗りつぶし目立ちにくくするフィルターです。

例えば↓

photoshop_filter_dust_scratches

画像内のりんごの白いツブツブや机の上のキズを消したい場合、『コピースタンプ』ツールでも消せますが少し面倒くさいです。そんな時に、『ダスト&スクラッチ』フィルターが役立ちます。

スポンサーリンク

『ダスト&スクラッチ』フィルターの使い方

メニューから『フィルター』>『ノイズ』>『ダスト&フィルター』を選択

photoshop_filter_dust_scratches_2

『ダスト&スクラッチ』ダイアログが表示されます。

photoshop_filter_dust_scratches_3

プレビュー画面を確認しながら、『半径』と『しきい値』を調整します。

『半径』→塗りつぶすピクセルのサイズを設定

『しきい値』→塗りつぶすべきピクセルかを判断する濃度差許容範囲を設定

ここでは『半径:3pixel』、『しきい値:25レベル』に設定しました。

上記の設定が終わったら、『OK』をクリック

フィルターが適用され、画像内のキズやゴミが目立ちにくくなりました。

photoshop_filter_dust_scratches_4

『ダスト&スクラッチ』フィルター適用前

photoshop_filter_dust_scratches_5

こういった場合は、『コピースタンプ』ツールを使うより早く、綺麗に画像内のキズやゴミを取り除くことができます。しかし、『ダスト&スクラッチ』フィルターを使う場合、画像全体にかけてしまうと自分が意図していない部分が劣化してしまうことがあります。そのため、おおまかな選択範囲をつくり、その中でフィルターを適用させることをおすすめします。また、フィルターを適用させるため少なからず画像は劣化するので気をつけてください。

今回紹介した『ダスト&スクラッチ』フィルターと、前回紹介した『コピースタンプ』ツールを上手く使い分けることで、画像内のキズやゴミを効率的に取り除くことができます。それぞれの良い部分と悪い部分を見極め、上手に使っていきましょう!!

スポンサーリンク
【Photoshop】『ダスト&スクラッチ』フィルターでキズやゴミを取り除く
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!