違和感なく画像を拡大する方法③

本日も引き続き『Photoshop』を使って画像を拡大する方法を紹介します。今回は『アルファチャンネル』と『コンテンツに応じて拡大・縮小』を組み合わせて使い、内容の複雑な画像でも綺麗に拡大・縮小が行える方法を紹介していきます。

以下の画像をご覧ください。

photoshop_edit_scale-3_2

前回紹介した『コンテンツに応じて拡大・縮小』を使って拡大した画像です。

photoshop_edit_scale-3_3

脚の部分が少し複雑なため、上手く拡大できませんでした。

今回紹介する『アルファチャンネル』を利用すると、このような複雑な内容の画像でも綺麗に拡大することができます。

それでは紹介していきます。

スポンサーリンク

①画像を開く

photoshop_edit_scale-3

※画像を開いたら、拡大したい画像やレイヤーを選択しておいてください。

②背景画像の複製・削除とカンバスサイズの拡大

違和感なく画像を拡大する方法①を参考に行ってください。

③アルファチャンネルの作成・保存

内容が複雑な部分(拡大・縮小したくない部分)を選択範囲で囲みます。

photoshop_edit_scale-3_4

『チャンネル』パネルを開き、『選択範囲をチャンネルとして保存』をクリック

photoshop_edit_scale-3_5

選択範囲で囲んだ部分で『アルファチャンネル』が作成されます。

『アルファチャンネル』を作成後は、選択範囲を解除しておいてください。
※ショートカットは、『⌘+D(Mac)』と『Ctrl+D(Windows)』です。

③『コンテンツに応じて拡大・縮小』

メニューから、『編集』>『コンテンツに応じて拡大・縮小』を選択
※ショートカットは、『⌘+option+Shift+C(Mac)』と『Ctrl+Alt+Shift+N(Wnodows)』です。

photoshop_edit_scale-2_2

詳しい方法については、前回の違和感なく画像を拡大する方法②を参考にしてください。

この時に、オプションバーの『保護』部分のポップアップメニューから作成した『アルファチャンネル』を選択しておいてください。
※ここでは『アルファチャンネル1』を選択

photoshop_edit_scale-3_9

ハンドルをドラッグして拡大しました。

photoshop_edit_scale-3_7

『アルファチャンネル』を利用した場合、選択範囲で囲んでいた部分は拡大されず、その他の部分が違和感なく拡大されています。

photoshop_edit_scale-3_8

少し複雑な画像を拡大したい時は、『アルファチャンネル』と『コンテンツに応じて拡大・縮小』を上手く組み合わせて使っていきましょう!!

スポンサーリンク
違和感なく画像を拡大する方法③
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!