【Photoshop】『トーンカーブ』の基本

本日は、色調補正にはかかせない『トーンカーブ』の基本について紹介をしていきます。『トーンカーブ』を使うことで、画像の濃度や階調、彩度のすべてを調整することができます。

『トーンカーブ』では、色調、彩度、コントラスト、階調といった、画像のほぼすべての要素をコントロールできます。そのため、『レベル補正』や『カラーバランス』などは他の機能で補うことができますが、『トーンカーブ』の機能は他の機能では補うことができません。Photoshopで色調補正を行うための必須ツールといえます。

スポンサーリンク

トーンカーブの表示

トーンカーブは、メニューから『レイヤー』>『新規調整レイヤー』>『トーンカーブ』を選択して表示することができます。
※調整レイヤーの場合

トーンカーブの基本

photoshop_adjustments_curves_basic

③カーブ

ダイアログ内の左下から右上に向かって表示されるライン。カーブを操作して色調をコントロールします。

④カーブ下の面積

カーブ下の面積が増えると画像は明るくなり、面積が減ると画像は暗くなります。

⑤シャドウの入力レベル

このスライダーを右に移動すると画像全体が暗くなります。明るい部分よりも暗い部分に大きく影響します。

⑥ハイライト入力レベル

このスライダーを左に移動すると画像全体が明るくなります。暗い部分よりも明るい部分に大きく影響します。

⑦シャドウ出力レベル

このカーブの下端を持ち上げると画像の暗い部分ほど明るくなり、締まりのない画像になります。暗い部分をグレーに近づけたい場合のみ使用します。

⑧ハイライト出力レベル

このカーブの上端を押し下げると画像の明るい部分ほど暗くなり、濁った画像になります。明るい部分をグレーに近づけたい場合のみ使用します。

以上が、『トーンカーブ』を使う上での基本的な知識になります。次回以降は『トーンカーブ』の具体的な使用方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
【Photoshop】『トーンカーブ』の基本
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!