【Photoshop】調整レイヤーの保存と読み込み方法

本日は、調整レイヤーを使用した色調補正の設定内容の保存と読み込み方法について紹介します。一度設定した内容をプリセットとして保存しておくことで、設定した内容をいつでも読み込むことが可能です。

今回は、『トーンカーブ』の調整レイヤーを使って紹介していきます。

スポンサーリンク

プリセットを保存する方法

『レイヤー』パネルから設定済みの調整レイヤーのサムネイルをダブルクリック

photoshop_adjustment_layer_saveLoad

『属性』パネルが表示されます。

photoshop_adjustment_layer_saveLoad_2

パネルオプションから、『○○○プリセットを保存』をクリック

photoshop_adjustment_layer_saveLoad_3

選択していた調整レイヤーの内容が保存されました。

プリセットを読み込む方法

プリセットを読み込む方法は2通りあります。

①パネルオプションから読み込む

プリセットを保存した時と同様に、設定した調整レイヤーを選択した状態でパネルオプションから、『○○○プリセットを読み込み』を選択

『開く』ダイアログが表示されます。

任意のプリセットファイルを指定して、『開く』ボタンをクリック

指定したプリセットが読み込まれます。

②『属性』パネルの『プリセット』から指定する

『属性』パネルの『プリセット』項目から任意のプリセットファイルを指定して、読み込むことができます。

photoshop_adjustment_layer_saveLoad_4

以上が、簡単ですが調整レイヤーの保存と読み込み方法になります。色調補正の内容を保存して、読み込みたい際は是非この記事を参考にしてください!!

スポンサーリンク
【Photoshop】調整レイヤーの保存と読み込み方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!