【Photoshop】コントラストを保ったままグレイッシュに加工する方法

こんにちは!

仕事が立て込んでたことを理由に平日はブログの更新をサボってしましました。休日はしっかりと毎日更新していきます。

本日は、コントラストを保ったまま画像をグレイッシュに加工する方法を紹介します。彩度を下げるだけで画像全体が灰色がかった加工を加えることができますが、それだけではメリハリがなくなってしまいます。そこで、『明るさ・コントラスト』調整レイヤーを使ってメリハリを調整していくやり方です。

それでは早速以下の画像を例に紹介していきます。

photoshop_adjustment_layer_channnel_greyish

スポンサーリンク

①画像をグレイッシュにする

画像の彩度を調整して、画像をグレイッシュにしていきます。

メニューから、『レイヤー』>『新規調整レイヤー』>『色相・彩度』を選択

『属性』パネル内の彩度部分の数値を調整していきます。
※ここでは『-65』に設定します。

photoshop_adjustment_layer_channnel_greyish_2

画像がグレイッシュになりました。

photoshop_adjustment_layer_channnel_greyish_3

しかし、画像にメリハリがなくなってしまいました。そこで、『明るさ・コントラスト』調整レイヤーを使い画像にメリハリを出していきます。

②画像にメリハリを出す

メニューから、『レイヤー』>『新規調整レイヤー』>『明るさ・コントラスト』を選択

『属性』パネル内のコントラスト部分のスライダーを動かし、画像を見ながらコントラストを調整していきます。
※ここでは『35』に設定しています。

photoshop_adjustment_layer_channnel_greyish_4

画像にメリハリが出て、美しいグレイッシュの画像に仕上げることができました。

photoshop_adjustment_layer_channnel_greyish_5

加工前

photoshop_adjustment_layer_channnel_greyish

以上が、コントラストを保ったままグレイッシュに加工する方法の紹介です。画像をグレイッシュにすることで、モノクロとは少し違った雰囲気のあるかっこいいイメージにすることができます。是非お試しください!!

スポンサーリンク
【Photoshop】コントラストを保ったままグレイッシュに加工する方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!