【Photoshop】ふわふわしたオブジェクトを正確に選択する方法

本日は、『Photoshop』で人物の髪や動物の毛など境界線が曖昧なオブジェクトに対して選択範囲を作成する方法を紹介します。『境界線を調整』機能を使用することで、そういったオブジェクトでも正確に選択範囲で囲むことができます。

今回はこの画像を使用していきます。

photoshop_adjust_border

スポンサーリンク

①大まかな選択範囲を作成

『クイック選択』ツールなどを使用して大まかな選択範囲を作成します。細かい毛などは大まかに選択してください。
『クイック選択』ツールの基本的な使い方を参考にしてください。

photoshop_adjust_border_2

②『境界線を調整』機能を使う

メニューから、『選択範囲』>『境界線を調整』を選択

photoshop_adjust_border_3

『境界線を調整』ダイアログが表示されます。

photoshop_adjust_border_4

①『表示;』で画像の表示方法を変更できます。
※ここでは、『白地』を選択しています。画像よって『黒地』など見やすい表示を選択してください。

②『スマート半径』にチェックを入れる。
※今回のようなふわふわした輪郭のオブジェクトの場合は必ずチェックを入れてください。

③『半径:』に任意の数値を入力します。
※ここでは『60』pxで設定します。

選択範囲が調整されました。

photoshop_adjust_border_5

しかし、まだ選択範囲が適切に選択されていない部分があります。そういった場合は、『半径調整ツール/調整消去ツール』を選択して、調整したい部分をドラッグします。

photoshop_adjust_border_6

『半径調整ツール/調整消去ツール』での調整が終わったら、より正確に境界部分を調整するために『エッジをシフト』と『不要なカラーの除去』を使用します。

photoshop_adjust_border_7

④『エッジをシフト:』に任意の数値を入力します。
※ここでは、わずかに選択範囲を小さくして不要な背景をかくすために『-20』%で設定。

⑤『不要なカラーの除去』にチェックを入れます。

⑥『量:』に任意の数値を入れます。
※ここでは。『100』%で設定。

⑦『出力先:』を選択します。
※基本的に『新規レイヤー(レイヤーマスクあり)』を選択してください。

全ての設定が完了したら、『OK』をクリックしてください。

綺麗に選択範囲を作成することができました。

photoshop_adjust_border_8

今回紹介した『境界線の調整』機能は非常に便利です。人物や動物などフワフワした要素をもつ画像の選択範囲を作成するときに是非役立ててください!!

スポンサーリンク
【Photoshop】ふわふわしたオブジェクトを正確に選択する方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!