【Photoshop】画像にフレーム(枠)をつける方法

おはようございます♪

今回は、Photoshop初心者でも簡単に画像におしゃれなフレーム(枠)を加工する方法を紹介します。

実は、Photoshopにはほんの数ステップで簡単におしゃれなフレーム(枠)を加工できる機能が用意されています。それが『アクション』パネルの中のフレームアクションです。

このアクションを使うことで、初心者の方でもあっという間に、画像におしゃれなフレーム(枠)を加工することができます。

それでは以下の写真を例に、フレームアクションを使って、おしゃれなフレーム(枠)を加工していきたいと思います。

photoshop_action_frame

スポンサーリンク

フレームアクションの使い方

①『アクション』パネルを表示

まずはメニューから、『ウィンドウ』>『アクション』を選択してください。

photoshop_action_frame_2

『アクション』パネルが表示されます。

②『フレーム』のアクションを追加

『アクション』パネルは、頻繁に使う操作を登録しておくことができるパネルになります。

今回はデフォルトで用意されている『フレーム』のアクションを追加していきます。

『アクション』パネル右上のアイコンをクリックして、パネルメニューを表示してください。

photoshop_action_frame_3

パネルメニューの中から、『フレーム』を選択

photoshop_action_frame_4

すると、『アクション』パネルに『フレーム』のアクションが追加されます。

photoshop_action_frame_5

これで、画像にフレーム(枠)を加工する準備が整いました。それでは、実際に画像にフレームを加工していきます。

③画像にフレーム(枠)をつける

①画像を開く

メニューから、『ファイル』>『開く』をクリックして、お好みの画像を開きます。

役立つショートカット

画像を開く
+ O

※このときに、画像が『背景』レイヤーであることを確認してください。そうでない場合は、『レイヤー』>『画像を統合』を選択して画像を『背景』レイヤーにしておいてください。

②フレームのアクションを再生

画像のレイヤーを選択した状態で、『フレーム』のアクションから任意のフレームを選択し、『選択項目を再生』ボタンをクリックします。

※ここでは『はね』選択しました。

photoshop_action_frame_6

『フレーム』のアクションが実行され、画像におしゃれなフレーム(枠)がつきました。

photoshop_action_frame_7

とても簡単ですね♪

以下にデフォルトで用意されているフレームアクションを紹介します。是非参考にしてください。

その他のフレームアクション

ストローク

さざなみ

ドロップシャドウ

コーナー

木製

デフォルトで用意されているアクションフレームをいくつか紹介させていただきました。

Photoshop初心者の方は、今回紹介したアクションフレームを使うことでとても簡単におしゃれなフレーム(枠)が加工できることがわかりましたね。是非一度お試しください!

また、Photoshopを使いこなせるようになった後でも、今回紹介した『アクション』パネルに省略したい作業を登録しておくことで、作業効率のアップにも繋がります。是非有効に活用してください。

スポンサーリンク
【Photoshop】画像にフレーム(枠)をつける方法
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!