最新のmacOS Sierraの新機能まとめ

おはようございます♪

最近朝活にハマっているZヤマです。やはり朝の方が作業がはかどりますね!!

さて、本日は9月21日にリリースされたMacの新OS Sierra(シエラ)の新機能についてまとめて紹介していきます。

macos_sierra

今回のアップデートで、これまでの『OS X』から『macOS』という呼称に変わりましたね。一体どのような新機能があるのか楽しみですね♪

それでは早速見ていきましょう!!

スポンサーリンク

macOS Sierraの新機能

新機能① MacにSiriが追加

今まではiOSでしか搭載されていなかった『Siri』がついにMacに搭載されます。今回のアップデートの目玉ではないでしょうか。AppleのmacOS Sierraのページでも大々的に取り上げられています。

macos_sierra_3
※Apple公式サイト引用

Siriに頼んで、メッセージを送ったり、必要なファイルを探したり、音楽を再生したりなどいろいろなことができるようになります。

例えばこんなことができるみたいです。

macos_sierra_4
※Apple公式サイト引用

僕はiOSでもSiriをよく使うので、Macでも使えるようになるなんて最高です♪

新機能② 『写真』ソフトがパワーアップ

今回のアップデートでかなりパワーアップしたのがMacに標準で搭載されている『写真』ソフトです。かなり使えるソフトになっています。Zヤマがおすすめする新機能は、①検索機能②メモリー機能です。

①検索機能

macos_sierra_5
※Apple公式サイト引用

タグなどを画像に埋め込んでいなくても、コンピューターが写真の内容を分析し検索したキーワードに応じた写真を検索してくれます。例えば、上の画像では『Beach』で検索すると、そのキーワードに関連する画像が、右上のリストに検索されています。

②メモリー機能

macos_sierra_6
※Apple公式サイト引用

メモリー機能は、撮影した場所、時期、友達などの情報をもとにコンピューターが自動的に美しいレイアウトでまとめられたコレクションを作成してくれる機能です。僕もiPhoneを使ってよく写真を撮るのですが、整理などはしていないのでこの機能は嬉しいですね♪写真を撮るのがますます楽しくなりそうですね!

新機能③ iCloud Driveに『書類』が同期される

macos_sierra_7
※Apple公式サイト引用

MacOS Sierraでは、デスクトップと『書類』フォルダ内にあるデータがiCloud Driveと同期されるようになりました。僕の場合は、今までiPhoneなどで書類データを確認する際に、メールで送ったり、Googleドライブなどの他のクラウドサービスを利用していました。しかし今回のアップデートで、iCloud Driveからより簡単に確認できるようになりました。

※ただデスクトップのみ同期や『書類』内の特定のファイルのみ同期といった、制限をかけた同期機能はないため、『書類』に膨大な量のファイルが入っている場合はすぐにiCloud Driveの容量がいっぱいになってしまうので注意が必要です。

新機能④ ユニバーサルクリップボード

macos_sierra_8
※Apple公式サイト引用

macOS SierraをインストールしたMacとiOS10をインストールしたiPhone間であれば、ユニバーサルクリップボード機能が使えます。この機能は、コピーできるもの(画像、ビデオ、テキストなど)ならiPhoneとMacでシームレスにコピー&ペーストが行えるというものです。例えば、あなたがiPhone上で画像やテキストをコピーしたとします。後は、Macでペーストするだけでコピーした画像やテキストを移動することができます。『メモ』ソフトなどを経由してコピー&ペーストをする必要がなくなりました。

新機能⑤ ストレージの最適化

macos_sierra_9
※Apple公式サイト引用

macOS Sierraでは、めったに使わないファイルを自動的にiCloudに退避させ、ストレージを常に最適の状態に保ってくれます。さらに、空き容量が少なくなってきた時は、重複しているファイルをの消去を促ししてくれたり、ゴミ箱に入れて30日間が経過したファイルを自動的に消去してくれます。あなたが面倒くさがってやらない作業を、Macが自動的にサポートしてくれます。

新機能⑥ Safari以外でも使える『タブ』機能

macos_sierra_10
※Apple公式サイト引用

Safariと同じように、Macのほとんどのアプリケーションで『タブ』機能が使えるようになりました。複数の作業を同時にする際に、多くのウィンドウで散らばっていた画面が、『タブ』機能でスッキリと作業が進められるようになりました。

新機能⑦ Apple Payで簡単決済

macos_sierra_11
※Apple公式サイト引用

Apple PayはiPhone 7の登場でとても話題になりましたね。Apple PayはSuicaとして交通機関で利用したり、Apple Storeをはじめとした様々なお店やサービスで使うことができる機能です。そしてこの機能は、今までiPhoneとApple Watchでしか使うことができませんでした。しかしmacOS Sierraでは、iPhoneと連携することによりApple Pay対応のショッピングサイトで利用することができるようになりました。使い方は簡単で、『アップペイで購入』をクリックし、iPhoneで指紋認証(タッチID)するだけです。とても簡単かつ、セキュリティ面も安心です。現状では、上の画像内の7つのショッピングサイトが既にApple Payに対応済みですが、今後ますます増えていきそうですね。

その他の新機能

ここでは省略しましたが、Apple Watchユーザーであれば便利な自動ロック解除機能や、iOS9から搭載されたビデオを常に最前面で再生することができる『ピクチャ・イン・ピクチャ』機能など、その他多くの新機能が追加されています。

macos_sierra_12
※Apple公式サイト引用

ざっと僕が気になったmacOS Sierraの新機能を紹介させていただきました。使ってみたい、こんな新機能を待っていたという機能があったのではないでしょうか?

僕はまだmacOS Sierraにはアップデートしていませんが(不具合の確認やバックアップをしっかりとってからアップデート予定)、早く新機能を使ってみたいです♪
※最新のOSへのアップデートは不具合がつきものなので、事前にご自身で調べてから行うことをおすすめします。

次回は、アップデートの事前準備やmacOS Sierraのクリーンインストール手順などを紹介できたらと思います。

スポンサーリンク
最新のmacOS Sierraの新機能まとめ
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!