『Google Analytics』の使用頻度の高い『指標』について

本日は、『Google Analytics』の使用頻度の高い『指標』について紹介したいと思います。またそれらの『指標』の意味についても簡単に紹介していきます。

『Google Analytics』の『指標』について知らない人は、前回紹介した『指標』と『ディメンション』についてを先にご覧ください。

スポンサーリンク

使用頻度の高い『指標』の種類

ページビュー サイト内でページが1回表示されるごとにカウントされる数
 セッション数  1回のセッションごとにカウントされる数
※セッションとは、ユーザーがサイトと接触している(訪問から離脱まで)状態
 ユーザー数  サイトを訪問したユーザーの数
 新規ユーザー  サイトに初めて訪れたユーザーの数
 ページ/セッション  セッション中に閲覧された平均ページ数
 平均ページ滞在時間  ユーザーが特定のページを閲覧した平均時間
 直帰率  1ページだけ閲覧して、離脱したユーザーの訪問数の割合
※直帰率が高いと、ユーザーを次のページへ上手く誘導できていない
 離脱率  ユーザーがサイトを離脱した回数の割合
※離脱率が低いと、ユーザーを次のページへ上手く誘導できている
 ページ別訪問数  1回以上表示されたページのセッション数
※同じセッション中に、同じユーザーが同じページを何度表示してもカウントされない
 目標  コンバージョンの数
※コンバージョンとは、定めた目標を満たす行動をユーザーがとった数
コンバージョン率 目標に到達したセッション(コンバージョン)の割合
スポンサーリンク
『Google Analytics』の使用頻度の高い『指標』について
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!