【Google Analytics】使用頻度の高い『ディメンション』について

本日は、『Google Analytics』の使用頻度の高い『ディメンション』について紹介したいと思います。またそれらの『ディメンション』の意味についても簡単に紹介していきます。

『Google Analytics』の『ディメンション』について知らない人は、前回紹介した【Google Analytics】『指標』と『ディメンション』についてを先にご覧ください。

スポンサーリンク

使用頻度の高い『ディメンション』の種類

区分 ディメンション 意味
ユーザー ユーザータイプ 新規ユーザーまたはリピーター
年齢 ユーザーの年齢層
※レポートの有効化が必要
性別 ユーザーの性別
※レポートの有効化が必要
デバイスカテゴリ デバイスの種類(パソコン、タブレット、モバイル)
購買意欲の強いセグメント これらのセグメントのユーザーは、指定されたカテゴリの商品やサービスを購入する可能性が高いと見なされる
集客 チャンネル サイトへの流入経路(チャンネル)の種類
参照元/メディア トラフィックの参照元とメディアの組み合わせで、どのような方法でサイトに流入したかを確認できる
広告 キーワード ユーザーがサイトへアクセスするときに使用したすべてのキーワード
ソーシャル ソーシャルネットワーク アクティビティ(ユーザー行動)が発生したソーシャル ネットワーク
行動 ページ ユーザーが訪問したページのURL
ページタイトル ユーザーが訪問したページのタイトル
検索キーワード ユーザーがサイト内検索をしたときに使用したキーワード
ランディングページ ユーザーがサイトにアクセスした際、最初に表示したページ
離脱ページ ユーザーがサイトを去る際、最後に表示したページ
スポンサーリンク
【Google Analytics】使用頻度の高い『ディメンション』について
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!