『FileZilla』の初期設定

本日は、先日紹介させていただいた『FileZilla』の初期設定について紹介させていただきます。
参考 ファイル転送ソフト『FileZilla』のインストール

※レンタルサーバーの契約した後に届くメール、または契約したサーバーのアカウント情報のページ等をご用意ください。

今回はロリポップを例に紹介していきます。

スポンサーリンク

①『FileZilla』を起動

『FileZilla』を起動します。

②『サイトマネージャー』を表示

左上にあるアイコンをクリックし、『サイトマネージャー』を表示します。

filezilla_setup

③サイトの登録の開始

『新しいサイト』をクリック

filezilla_setup_2

④サーバーの情報を入力

filezilla_setup_3

①サーバー名を入力

『エントリーの選択』項目で、自身の使用しているサーバー名を入力します。

②ホストを入力

『ホスト』項目にFTPサーバーのURLを入力します。

③ログオンの種類を選択

『ログオンの種類』項目で、『通常』を選択します。

④FTPアカウントを入力

『ユーザー』項目で、FTPアカウントを入力します。

⑤FTPパスワードを入力

『パスワード』項目で、FTPパスワードを入力します。

下図は、ロリポップ>アカウント情報>サーバー情報の内容です。

※②〜④が上図の入力項目に対応しています。

filezilla_setup_4

⑥『詳細』タブをクリック

必要情報の入力が終わったら、『詳細』タブをクリックして次の設定に移ります。

⑤リモートディレクトリの入力をスキップして先に進む

filezilla_setup_5

『参照』をクリック

※『標準のリモートディレクトリ』の欄はとりあえず空欄にして先へ進みます。

⑥作業用のフォルダを作成

filezilla_setup_6

『書類』を選択し、『New Folder』をクリック

※今回はテーマ編集作業用フォルダとして『書類』内に『WordPress』フォルダを作成し、『標準のローカルディレクトリ』に設定します。

Windows等の場合は、『ドキュメント』内に作成してください。

⑦フォルダ名を入力

filezilla_setup_7

フォルダ名を変更し、『Choose』をクリック

⑧作業用のフォルダの設定

filezilla_setup_8

『標準のローカルディレクトリー』に作業用のフォルダが設定されたのを確認して、『OK』をクリック

⑨サーバー接続の確認

起動時の画面に戻ったら、再び左上のアイコンを選択し『サイトマネージャー』を起動し、『接続』をクリック

下図のような画面が表示されれば、接続成功です!

※『ローカルサイト』の欄に『標準のローカルディレクトリー』に設定した内容が入っているか確認してください。

fileIlla_setup_9

左側(ローカル側)が自身のPC内に保存されている内容、右側(サーバー側)がサーバーに保存されている内容になります。

⑩『標準のリモートディレクトリー』の情報を追加

サーバー側のワードプレスに関係するファイルが入っているレジストリ(今回はwp)を選択する。すると、そのレジストリの下の階層が現れる。今回は、『FileZilla』でサーバーに接続した時にこの画面が開かれるようにしたいので、『リモートサイト』の欄に記載されている内容をコピーしておく(/wp)。

そして、先ほどスキップしたサイトマネージャーの『詳細』タブ内の『標準のリモートディレクトリ』の欄に貼り付けて追加する。

filezilla_setup_10

これで全ての設定が完了です。

『FileZilla』の使い方については、またの機会に紹介します!

スポンサーリンク
『FileZilla』の初期設定
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!