サイトアドレスから/wpを消す

今回は、WordPressのサイトアドレスから/wpを消す方法を紹介します。

以前紹介した記事(参考 【WordPressの始め方】WordPressをインストール)に記載されている方法でWordPressをインストールした場合、サーバー側に『wp』というレジストリを作成してインストールするため、サーバー側にWordPress関連のファイルをまとめることができるというメリットはあるのですが、サイトアドレスが『http://web-style.info/wp/』となってしまうというデメリットもあります。

それでは、早速紹介していきます。

スポンサーリンク

①管理画面>一般設定を選択

『サイトアドレス』を変更し(/wpを削除)、『変更を保存』をクリック

例:http://web-style.info

※エラーメッセージが表示される場合がありますが、気にしないでください。また、この段階ではサイトを表示しようとしないでください。

change_address

②サーバーから『wp』レジストリ内の『index.php』と『.htaccess』ファイルをダウンロード

今回は『FileZilla』を使って行います。
参考 ファイル転送ソフト『FileZilla』のインストール

『FileZilla』を起動し、サーバーに接続します。次に、サーバー側の『index.php』と『.htaccess』をダウンロードします。

ローカル側でダウンロードしたい先を選択し、サーバー側で上記2つのファイルを選択し、右クリックでダウンロードをクリック。

※今回は『Desktop』に一時的に保管し、進めていきます。

change_address_2

③テキストエディタで『index.php』を編集

change_address_3

上図に従って、『’/wp-blog-header.php’』部分を『’/wp/wp-blog-header.php’』に書き換えて上書き保存してください。

④サーバー側にファイルをアップデート

一時的に『Desktop』内にダウンロードし、変更を加えた『index.php』と『.htaccess』の2つのファイルをサーバー側の『wp』レジストリと同じ階層にアップデートします。

change_address_4

⑤WordPress管理画面のログイン画面にアクセス

URL(例:『http:/web-style.info/wp/wp-admin/』)を入力し、ログイン画面を表示しWordPress管理画面にログインします。サイトを表示すると、サイトアドレスが変更されていると思います(『wp』が削除されている)。

⑥パーマリンク設定を更新する

URLの変更を行ったので、パーマリンク設定の更新が必要になります。

管理画面>設定>パーマリンク設定を選択

『変更を保存』をクリックし、パーマリンク設定を更新します。

以上が、『サイトアドレスから/wpを消す』になります。

『WordPress codex』にもやり方が載っているので、この記事をみて上手くいかなかった人はこちらも参考にしてみてください。
WordPress Codex 日本語版

『WordPress codex』サイト内の検索ウィンドウで『WordPress を専用ディレクトリに配置する』と入力してください。
スポンサーリンク
サイトアドレスから/wpを消す
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!