WordPressのバックアップをとる(データベース編)

本日は、前回のWordPressのバックアップをとる(ファイル編)に引き続きWordPressのデータベースファイルのバックアップをとる方法を紹介します。

WordPressの『エクスポート』機能を利用して行っていきます。『エクスポート』機能を利用することで、固定ページ、投稿ページやカスタム投稿の記事データ等のバックアップをとることができます。

それでは早速『エクスポート』機能を利用して、WordPressのデータベースファイルのバックアップをとっていきましょう!

スポンサーリンク

①『ツール』から『エクスポート』画面を表示

backup_database

左メニューバーの『ツール』を選択し、『エクスポート』をクリック

②『エクスポート』機能を実行

『エクスポート』画面が表示されます。

backup_database_2

①すべてのコンテンツにチェック

②『エクスポートファイルをダウンロード』をクリック

backup_database_3

『XMLファイル』がダウンロードフォルダに保存されました。

③ダウンロードファイルを確認

ダウンロードフォルダを開き、『XML』ファイルがダウンロードされているか確認します。

backup_database_4

問題なくダウンロードされていることが確認できました。

④適切な場所にダウンロードファイルを移動

任意でダウンロードファイルを移動していきます。
※今回は『WordPress』というフォルダの中に移動していきます。

backup_base_5

『WordPress』フォルダに移動完了です。

backup_database_6

WordPressのデータベースファイルのバックアップがとれました。WordPressにトラブルが起きてバックアップファイルで復元したいときや、新しくWordPressをインストールしたときは『ツール』の『インポート』機能を利用してデータベースにこれらのデータを復元できます。

以上で、2回にわたって紹介させていただいた『WordPressのバックアップをとる』は終了です。これを機会にこまめにバックアップをとるようにして、予期せぬトラブルに備えましょう〜!

スポンサーリンク
WordPressのバックアップをとる(データベース編)
ご興味のある方は
Webスタの最新情報を、
いいねしてチェックしてください!